スポ根まとめ

侍ジャパン新ユニホーム発表 日本の伝統がモチーフ、色は侍の甲冑をイメージした「青褐色」など4色使用 アシックスジャパン製

2017-06-27 01:14
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/06/26(月) 20:36:27.45 ID:CAP_USER
甲冑をイメージ、侍ジャパンの新ユニホーム発表
2017年06月26日 19時42分

野球の日本代表「侍ジャパン」が着用する新ユニホームが26日、発表された。

NPBエンタープライズと「ダイヤモンドパートナー」契約と結んだアシックスジャパン製で、
契約期間は2021年5月末までとなる。

日本の伝統がモチーフで、色は侍の甲冑をイメージした「青褐色(あおかちいろ)」など4色が使われ、ストライプ部分は伝統のしま模様「輪つなぎ」。
帽子の「J」のマークは紅色に変更され、肩から裾にかけてラインが入った。
全世代の代表で着用し、7月12日から米国で始まる日米大学野球から使用される。

都内で開かれた記者会見で袖を通した広島の鈴木は「かっこいい。相手を威圧できる」と話し、
DeNAの筒香は「このユニホームを着て、(20年の)東京五輪代表に選ばれたい」と意欲を語った。

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/sports/yakyu/20170626-OYT1T50067.html
「侍ジャパン」の新ユニホームをお披露目する筒香(右)と鈴木(26日)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170626/20170626-OYT1I50027-L.jpg
https://daily.c.yimg.jp/baseball/2017/06/26/Images/10317299.jpg

>>続きを読む

かつて「怪物」と呼ばれた松坂は、このまま「引退」するのか

2017-06-27 00:02
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/06/26(月) 21:18:19.81 ID:CAP_USER
すっかり音沙汰がなくなってしまった。福岡ソフトバンクホークス、松坂大輔投手のことである。

右肩痛で現在も福岡県筑後市のファーム施設でリハビリを継続中。依然としてボールが投げられずにノースロー調整を強いられており、室内でウエイトトレーニングなどを行う以外、投手としての練習は再開できていない。

定期的に数日間ほど筑後を離れて関東近郊まで出向き、腕利きの整体師のもとを訪れ、懸命に患部の治療を行っているとも聞く。だが残念ながら劇的な回復には至っておらず、実戦復帰おろか投球練習再開のメドすら立たない。

一軍は6月22日に全日程を終了したばかりの交流戦で3年連続7度目の最高勝率チームになった。パ・リーグ順位も首位とわずか1.5ゲーム差の2位。それでも先発投手陣に故障者が相次いでいることから、決して磐石とは言えない。
一軍が先発不足にあえいでいるにもかかわらず、このタイミングでまたしてもコンディション不良に陥ってしまった松坂にはどうしても「一体、何のためにいるのか」と嘆きたくなってしまう。

開幕早々に左ひじの張りを訴え、登録抹消となった和田毅投手に代わり、松坂には一軍昇格を果たすチャンスが舞い込んでいた。ところが4月12日、右肩の違和感を覚えてから、そのすべては白紙に戻されてしまった。

今季は開幕ローテこそ逃したものの3月25日のオープン戦で昨季セ・リーグ王者、広島東洋カープの強力打線を相手に7回を無安打に抑える快投を見せていた。それだけにファンの期待は大きかったが、まるでここ数年の“恒例行事”のように戦線離脱が明らかになると一変。ネット上でも「はい、今年も終了。お疲れさまでした」「このままずっと給料泥棒を続ける気なのか」などといった辛らつな書き込みばかりで埋め尽くされていた。無理もあるまい。

ホークスとの契約は3年12億円。今季は3年目で契約最終シーズンだが、一部で球団との4年契約説もささやかれている。しかしながら、もしこのまま今季一軍未登板で終わるならば普通に考えて松坂に来季はない。

2015年の日本復帰1年目は右肩の内視鏡手術を受けた影響もあって一軍登録はなし。2016年の2年目はシーズン最終戦でやっと一軍登板を果たしたものの、東北楽天ゴールデンイーグルスを相手にリリーフで1イニングを3安打4四死球1暴投で5失点と大炎上してしまった。ここまでまったく戦力となっていない上、これだけの高年俸をもらい続けている松坂はチームにとって完全な“不良債権”と化している。

では、その“不良債権”は完済可能なのか。残念ながら、さすがに厳しいだろう。もう6月も終わりを迎えようとしている今、シーズンも残り半分の約3カ月しかない。もし奇跡的に急ピッチで松坂のコンディションが上向きになり、どんなにがんばったとしても二軍での登板を経てからの一軍復帰登板は最短でも8月以降。ここから投げる全試合で誰もが驚嘆するぐらいの完ぺきな内容を残し続けない限り、批判はそう簡単に治まらないと思う。

いや、これもあくまで超楽観的な見方でしかない。実はホークスの中でも松坂については「おそらく今年も一軍で結果を残すのは厳しいだろう」と復活を諦める見解が大勢を占めている。我慢に我慢を重ねてできる限りポジティブにとらえようとしていた球団関係者たちもいよいよ限界が近付き、いつまで経ってもパッとしない松坂を見放そうとしつつある。

実際に現場からも厳しい意見が出ている。VIP待遇で実に2年半もロクに仕事をしていない「元怪物」に内心でいら立ちを覚えている関係者、そして選手も少なくない。チーム関係者は次のように本音を漏らす。

IT MEDIA
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000046-zdn_mkt-bus_all

>>続きを読む

<本田圭佑>無所属なら8・31W杯アジア最終予選の豪州戦落選!?ホルンに“練習生”として加入するプランも浮上

2017-06-26 21:07
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/06/26(月) 17:30:26.35 ID:CAP_USER
イタリア1部ACミランからの退団を表明した日本代表FW本田圭佑(31)に新たな難題が浮上した。

現在は欧州クラブを中心に移籍先を選定しており、長期戦も覚悟している。そんななか、ロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦(8月31日、埼玉)に臨む日本代表のメンバー発表までに所属先クラブが決まらなければ、ハリルジャパンから落選する可能性が出てきた。 

 本田は1日に千葉県内で取材に応じた際、去就について「まずはビッグネームが動く。僕(にオファーが来るの)はビッグネームの次くらい。(そのときの)移籍先を全てテーブルに載せて選べれば」と話し「慌てず最後まで粘ってみようと考えています。後悔しないようにしたい」と、慎重な姿勢だった。 

 現在までに欧州やJ1クラブからいくつか“オファー”は届いているものの、本田が納得するような条件を提示したチームはないという。昨季はイタリアでほぼ出場機会がなく、日本代表でもスタメン落ち。選手としての評価は急落しており、再就職でも苦戦が続いている。 

 本田も長期戦を覚悟しているが、所属先がなければゲーム形式の練習ができない。大一番のオーストラリア戦に向けて試合勘に不安が生じかねず、これを解消するため、本田が実質的なオーナーを務めるオーストリア2部(来季3部)ホルンに“練習生”として加入するプランも浮上した。 

 だが、本田の試練はまだまだ続く。無所属のままならば、日本代表に選出されない可能性があるのだ。実際にバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は2015年8月に、当時浪人中だった守護神のGK川島永嗣を日本代表に選出しなかった。その理由について指揮官は「残念ながら(所属)クラブを見つけられていない」と説明している。 

 オーストラリア戦に臨む代表メンバーは8月下旬に発表の予定だが、1997年にはMF前園真聖が、V川崎(現J2東京V)移籍に向けたクラブ間交渉が難航。契約満了で無所属になる日が迫っていた。すると、日本サッカー協会は「所属のない選手は代表に選ばない」と通告。幸いにも交渉は合意に達し代表チームに合流できたが、あわやの状態だった。 

 本田の場合はどうか。協会関係者は「例えば日本サッカー協会所属などという形で代表に選ぶことはルール上、可能だと思う。他国の代表でもそういう選手は結構いるから」と話したうえで「あくまで(選手を選考するハリルホジッチ)監督次第だけど」と話した。 

 欧州の移籍期限は原則8月31日。オファーをくれたクラブに対し、本田が結論を先延ばしにすれば、他の選手がその穴を埋めることになり、移籍先の選択肢は狭まりかねない。代表落ち回避のためにも、浪人は避けたいところだが、果たして妥協できるか。

写真

東京スポーツ 2017年06月26日 16時30分
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/701739/

>>続きを読む

<FIFAコンフェデ杯>ドイツが10人のカメルーンに快勝で首位通過!豪州は南米王者を追い詰めるもGL敗退

2017-06-26 20:02
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/06/26(月) 02:20:35.31 ID:CAP_USER
◆ドイツ 3-1 カメルーン
http://www.fifa.com/confederationscup/matches/round=274633/match=300334889/index.html#overview#nosticky

[ド]デミルバイ(48分)
[ド]ヴェルナー(66分)
[カ]アブバカル(78分)
[ド]ヴェルナー(81分)

「ドイツ」
テア・シュテーゲン、ギンタープラッテンハルト■、リュディガー、ジューレ、キミヒ、ドラックスラー(80分ユネス)、デミルバイ(77分ブラント)、エムレ・ジャン、ルディ(74分ヘンリヒス)、ヴェルナー

「カメルーン」
オンドア、マブカ■(64分)、テイク、エンガドゥ・エンガジュイ、ファイ、ザンボ、シアニ■、スチューイン(58分ムミ・エンガマル)、ムカンジョ(70分ギオアタ)、アブバカル、バソゴグ(82分エカンビ)

■ビデオ判定でイエローがレッドに…ドイツが10人のカメルーンに3発快勝でGL首位通過

コンフェデレーションズ杯は25日、グループリーグ最終節を行った。B組のドイツ代表(W杯王者)はカメルーン代表(アフリカ王者)と対戦し、3-1で勝利。
チリ代表(南米王者)がオーストラリア代表(アジア王者)と引き分けたため、首位通過が決まった。

首位チリと勝ち点4で並ぶ2位ドイツは、22日のチリ戦からメンバーを4人変更。
DFアントニオ・リュディガーやDFマルビン・プラッテンハルト、FWティモ・ベルナー、MFケレム・デミルバイが先発起用された。
対するカメルーンは開幕から3試合連続で同じスターティングメンバーを送り出している。

グループリーグ突破には勝利が絶対条件のカメルーンが積極的な入りをみせたが、先制点を挙げられずにいると流れはドイツに傾いた。

前半21分、MFユリアン・ドラクスラーのパスをPA手前で受けたMFエムレ・カンが右足を振り抜くが、わずかに枠を外れる。
24分には、左サイドからプラッテンハルトが上げたクロスにDFジョシュア・キミッヒが飛び込んだがヘディングシュートはゴール右に逸れた。

押し込まれる時間が続いたカメルーンは前半終了間際の45分、右サイドからDFエルネスト・マブカが上げたクロスがファーサイドまで流れ、MFアンドレ・ザンボ・アンギッサが右足ボレーで合わせる。両チーム合わせて前半唯一の枠内シュートとなったが、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに弾き出された。

スコアレスで迎えた後半はドイツが早々にデミルバイがシュートを放つなど果敢にゴールに迫ると、
後半3分に先制点を挙げる。ドラクスラーの股抜きパスを受けたデミルバイがPA手前から右足一閃。利き足とは逆だったが、強烈なシュートをゴール右隅に突き刺し、ドイツが1-0とした。

後半18分、カメルーンのDFエルネスト・マブカがボールを奪いに行った際に、カンへの足裏をみせた危険なプレーでイエローカードが提示された。
しかしドイツ側の抗議でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりレッドカードに変更され、マブカが退場。ドイツが数的優位に立った。

試合巧者のドイツは直後に追加点を挙げる。後半21分、右サイドからキミッヒが上げたクロスをベルナーが頭で押し込み、2-0。
33分には、右クロスからニアに飛び込んだFWバンサン・アブバカルに1点を返されたが、その3分後にヘンリクスがPA右からマイナスに折り返したボールをベルナーが右足で流し込み、突き放した。

その後も攻撃の手を緩めなかったドイツが、そのまま3-1で勝利。勝ち点を『7』に伸ばし、首位通過を決めた。
なお、ドイツは29日の準決勝でA組2位のメキシコ代表(北中米カリブ海王者)と対戦する。

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170626-01641238-gekisaka-000-view.jpg

6/26(月) 1:55配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-01641238-gekisaka-socc

>>続きを読む

ロシア代表全員にドーピング疑惑 2014年ブラジルW杯

2017-06-26 18:06
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/06/25(日) 19:09:34.28 ID:CAP_USER
2014年ブラジルW杯 ロシア代表23人全員にドーピング疑惑 FIFA調査と英紙報道
サッカー2017.6.25 18:48

 英紙デーリー・メール日曜版は25日、サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場したロシア代表23人全員がドーピング違反の疑いで国際サッカー連盟(FIFA)の調査を受けていると報じた。FIFAの広報担当も調査の事実を認めたという。

 ロシアで開催中のコンフェデレーションズ・カップにも、W杯ブラジル大会のメンバーだったGKアキンフェーフ選手らが参加した。同紙はさらに11人のプロサッカー選手に違反の疑いがあるとしている。

 世界反ドーピング機関(WADA)はロシアで国ぐるみのドーピングが行われていたと認定。昨年のリオデジャネイロ五輪では陸上のほぼ全選手など、ロシアの100人を超える選手が出場を禁じられ、リオデジャネイロ・パラリンピックからは全面除外された。(共同)

http://www.sankei.com/smp/sports/news/170625/spo1706250018-s1.html

>>続きを読む

鎌田大地(20)、退団セレモニーで美人妻から花束 フランクフルトへ移籍(画像あり)

2017-06-26 17:12
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/06/26(月) 03:44:03.15 ID:CAP_USER
フランクフルト移籍の鳥栖鎌田「嫁と2人で頑張る」
[2017年6月25日22時47分]

<明治安田生命J1:鳥栖2−1浦和>◇第16節◇25日◇ベアスタ

ドイツ1部フランクフルトへ完全移籍するサガン鳥栖MF鎌田大地(20)が、移籍後最後となる試合で先制点をアシストし勝利に貢献した。

後半20分、右CKでFW小野裕二(24)の先制となるヘディング弾を演出。退団セレモニーで胴上げされ3度宙に舞った鎌田は「まだスタート地点に立っただけ。上を目指し嫁(安莉紗さん)と2人で頑張ります」と声を弾ませた。
https://www.nikkansports.com/soccer/news/1845897.html

セレモニーで安莉紗夫人から花束を受け取った鳥栖MF鎌田
https://www.nikkansports.com/soccer/news/img/j-kamaa2-wa223620170625-w500_0.jpg

>>続きを読む

<柴崎岳( テネリフェ )>個人昇格”か…リーガ1部ベティスが獲得候補に含める?

2017-06-26 15:07
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/06/26(月) 10:26:12.25 ID:CAP_USER
リーガエスパニョーラ1部昇格プレーオフ決勝でヘタフェに敗れたテネリフェだが、MF柴崎岳は1部に“個人昇格”するのかもしれない。

スペイン『GOLディヒタル』によれば、リーガ1部のベティスが日本人MFを補強候補に含めているという。

『GOLディヒタル』曰く、今夏にフリーで獲得できる選手を探していたベティスは柴崎に目をつけ、テネリフェとヘタフェのプレーオフ決勝の行方を見守っていたとのこと。同メディアは、最終的にテネリフェが敗れたことで、ベティスが「6月30日で(テネリフェとの)契約が切れる彼の獲得に動ける」と報じている。

『GOLディヒタル』はまた、柴崎のテネリフェでの軌跡について「スペインへの適応に苦労こそしたが、最後の数週間はそのレベルを示した」と記載。「彼が2部で続けることは現実的にあり得ず、ベティスはリーガ1部へと飛躍するための興味深い選択肢になるだろう」と記事を締めている。

なおベティスを率いるのは、柴崎獲得の噂があったラス・パルマスを昨季まで指揮していたキケ・セティエン監督だ。

goal.com 6/26(月) 9:30配信 
https://news.yahoo.co.jp/hl?c=socc&p=3

>>続きを読む

浦和3連敗で暫定9位後退 ペトロ監督「非常ベルが鳴っている」

2017-06-26 11:02
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/06/25(日) 22:47:10.72 ID:CAP_USER
 「明治安田生命J1、鳥栖2−1浦和」(25日、ベストアメニティスタジアム)

 J1浦和が敵地で鳥栖に敗れて3連敗を喫した。

 後半20分、CKから先制点を許し、同45分にはバックパスを奪われる連係ミスから致命的な2点目を失った。
同50分にFW李がPKを決めたが、時すでに遅し、だった。

 ミハイロ・ペトロビッチ監督(59)は「リーグ戦3連敗。非常ベルが鳴っている」と現状を表現。「期待通りの結果を得られていない中、われわれ自身、この現実から逃げても何も進まない。強い気持ちで前に進むしかない」と前を向いた。

 DF槙野智章(30)は「結果をしっかり受け止めることが重要。誰が悪いというのではなく1人1人の責任。負けをしっかり受け止めて、何ができて何ができていないのか、クリアしていくことが大事」と話した。

 4月30日の大宮戦以降1勝1分5敗。暫定9位に後退し、首位柏との勝ち点差も2桁の11に広がった。

デイリースポーツ:
https://www.daily.co.jp/soccer/2017/06/25/0010315142.shtml

>>続きを読む

久保建英、“日本の3部”で5試合連続ノーゴール

2017-06-26 08:13
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/06/26(月) 02:52:17.39 ID:CAP_USER
久保建英5戦連続無得点「そろそろ結果残さないと」

6/26(月) 1:30配信

日刊スポーツ

<明治安田生命J3:FC東京U−23(23歳以下)1−6アスルクラロ沼津>◇第14節◇25日◇夢の島

FC東京U−23MF久保建英(東京ユース)が、出場5試合連続の無得点に終わった。

ホームのアスルクラロ沼津戦に先発し、両軍最多タイのシュート2本を放ったものの、ネットは揺らせず。
後半14分にゲーム主将のDF山田将之、同19分にFWイ・ユンスが2度目の警告で退場し、9人になってからも久保は諦めない。
ボール奪取に走り回り、後半29分には左足で直接FKを狙ったが、壁に阻まれた。

山田、イというFC東京U−23の攻守の両輪を欠いたチームは、後半24分までに1−3とリードを広げられた。
久保は同38分にMF小林幹と交代。その後、さらに3失点した試合をベンチで見届け
「難しい、荒れた試合になってしまいました」と振り返りつつ
「途中からできたことが、なぜ最初からできなかったのか。良い形がつくれなかったのは、準備がおろそかだったからだと思います」と反省した。

6失点は、J3参戦2年目にしてチームワースト。得点も、
0−1の前半17分にDF岡崎慎のロングフィードがGKの目測ミスでゴールに飛び込んだラッキーな1点にとどまった。
中村忠監督も「雨の中、多くの方に来ていただいたのに、本当に残念な結果。
2人の不用意なファウルによる退場から惨敗してしまいました」と会見でサポーターに謝った。

次節7月1日もホーム戦で、味フィ西に首位のブラウブリッツ秋田を迎える。
13戦負けなしの難敵に対し、久保は「次は秋田と戦えるので、しっかり勝ち点3を取りにいきたい。
個人としても、そろそろ結果を残さないと。次は決めたいです」と出場6試合ぶりのゴールへ、気持ちを切り替えた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-01845920-nksports-socc

>>続きを読む

<ファンとサポーター>「なぜガクを下げたんだ!」柴崎岳を交代させた指揮官に批判的な意見が相次ぐ

2017-06-26 01:08
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/06/25(日) 08:59:59.14 ID:CAP_USER
テネリフェが奈落の底に突き落とされた。
 
 6月24日、リーガ・エスパニョーラ2部の昇格プレーオフ決勝。第1レグを1−0で制したテネリフェは、ヘタフェの敵地に乗り込んだ。
 
 アウェーチームを待っていたのは、第1レグとはまるで別人となったヘタフェのハイインテシティーと、スタジアムを揺るがす圧倒的なサポーティング。9分、12分と立て続けに被弾して、あっという間にトータルスコアで逆転されてしまう。テネリフェの地元紙『eldorsal』は、「なんて酷い守備だ。考え得る最悪のスタート」と吐き捨てた。
 
 そんな嫌なムードを一掃したのが柴崎岳だった。17分、左サイドでアイトール・サンスのパスを受けると、鋭いグラウンダーのクロスを中央へ供給。これをアントニー・ロサーノが難なく蹴り込んで、値千金のアウェーゴールを奪った。これで3戦連続でゴールに絡んだことになる。
 
 2戦合計で優位に立ち、試合を落ち着かせたかったテネリフェだが、またしてもヘタフェの勢いに呑まれてしまう。37分、ダニ・パチェコに3点目を決められ、再び窮地に追い込まれた。
 
 そして後半早々、ゲームの分岐点とも言える選手交代がなされる。51分、テネリフェのホセ・ルイス・マルティ監督は柴崎に変えてアーロン・ニゲスを投入。攻撃にリズムを生むクリエイターを外し、ダイレクト志向の強いサッカーへと切り替えたのだ。
 
 この采配に猛反発したのがファンとサポーターだった。全国紙『MARCA』の速報ページやツイッター上で、批判的な意見が相次いだ。
 
「ガクは怪我でもしたのか? でなければ明らかな失策だぞ、マルティ!」
「攻撃に怖さがなくなった。どうやって点を取ると言うんだ!」
「バラバラじゃないか。ヘタフェは楽になっただろう」
「ガクはよく走り、よく働いていた。なぜだ!」
「なにを焦っているのか。仕掛けるにしても早すぎる」
 
 さらに指揮官は63分に主将のスソをもベンチに下げる。試合前にキーマンに指名した中盤の二枚看板を諦め、ロングボール一辺倒の戦法でゴールを狙う賭けに出た。しかし──。
 
 終盤に猛攻を仕掛けるもあと1点が遠く、昇格の夢を断たれたテネリフェ。水曜日の天国から3日後、地獄を見たのだ。
 
 はたして、柴崎の去就はどうなるのか。なにかしらのアクションがあるだろう。今後の動向を注視したい。

写真
http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/27140_ext_03_0.jpg

6/25(日) 6:53配信  サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170625-00027140-sdigestw-socc

>>続きを読む

最新記事
アクセスランキング
月別アーカイブ
アンテナ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR