スポ根まとめ

広陵・中村奨成捕手、清原超え6本塁打!初回2ランに続き5回ソロで大会新記録

2017-08-22 18:13
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/08/22(火) 11:10:07.34 ID:CAP_USER
◇第99回全国高校野球選手権大会準決勝 広陵―天理(2017年8月22日 甲子園)

第99回全国高校野球選手権大会準決勝が22日、甲子園球場で行われ、今秋ドラフト1位候補・広陵(広島)の中村奨成捕手(3年)は初回に先制2ラン、5回にソロ本塁打を放って今大会6本塁打とし、1985年に清原和博(PL学園)がマークした1大会個人最多本塁打記録を更新した。

中村は初回1死二塁で打席に立つと、天理先発・碓井涼の初球を捉えてバックスクリーンへ先制2ラン。3回は1死から遊飛に倒れた。

中村は今大会、初戦の1回戦、中京大中京戦で2発をマークすると、秀岳館との2回戦では9回に左越え3ラン。
3回戦の聖光学院戦では9回に3試合連発の決勝2ランを放って計4本とし、平田良介(大阪桐蔭)、北條史也(光星学院=現八戸学院光星)らに並んでいた。20日の準々決勝・仙台育英戦では2安打2得点の活躍ながら一発は出ず、大会史上初の4試合連続本塁打は逃していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00000086-spnannex-base

>>続きを読む

準決勝 花咲徳栄9-6東海大菅生 花咲徳栄が高井のV打で延長十一回の激戦を制し初の決勝進出 埼玉勢初の夏制覇まであと1勝

2017-08-22 17:13
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/08/22(火) 16:09:48.40 ID:CAP_USER
8月22日(第13日)第2試合 【準決勝】花咲徳栄(埼玉) 9-6 東海大菅生(西東京)

花咲徳栄   01210002003−9
東海大菅生 21100000200−6

【投手】
花咲徳栄:綱脇→清水
東海大菅生:松本→戸田→山内

http://www.asahi.com/koshien/text_sokuhou/2017082262.html

>>続きを読む

準決勝 広陵12-9天理 広陵が10年ぶり決勝進出 中村が大会新6本塁打&通算17打点、歴史的一戦に

2017-08-22 15:11
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/08/22(火) 12:42:32.35 ID:CAP_USER
8月22日(第13日)第1試合 【準決勝】天理(奈良) 9-12 広陵(広島)

広陵 200112303−12
天理 002200203− 9

【投手】
広陵:山本→平元→山本
天理:碓井→坂根

【本塁打】
広陵:中村、中村、丸山
天理:安原

http://www.asahi.com/koshien/text_sokuhou/2017082261.html

>>続きを読む

炎上中のネットに仙台育英の選手が反論 「足蹴りぐらい高校野球ではありえることなので、渡部を責めるのはおかしい」

2017-08-22 11:12
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/08/22(火) 10:19:47.03 ID:CAP_USER
第99回全国高校野球選手権第12日(20日、甲子園)、前日(19日)の大阪桐蔭(大阪)戦で走塁中に相手一塁手の足を蹴ってしまった仙台育英(宮城)の渡部夏史捕手(3年)が、準々決勝・広陵戦(広島)のスタメンを外れた。
前夜、佐々木監督から言い渡されたといい、代わりに尾崎(3年)が先発マスクをかぶった。

理由について渡部は「監督から『大阪桐蔭に勝ったことで、本気で(優勝を)狙いにいける。
準決、決勝と連戦になる』と言われたので。桐蔭からも(優勝を)『頼む』と言われた」と休養のためであることを強調した。

7回に足を蹴ってしまった後、9回二死から大阪桐蔭の一塁手の足がベースを踏んでいなかったことで試合終了とならず、直後に仙台育英がサヨナラ勝ちを決めた。
それだけに渡部の“足蹴り”はネットで炎上。

SNSを持っていたが「監督から『危ないからちょっとやめろ』と言われました」と閉鎖。
蹴った状況について聞かれると「それについてはあんまり…」と口を閉ざした。

仙台育英のムードメーカーで佐藤世那投手(現オリックス)の弟・佐藤令央(3年)は
「いろいろ騒ぎになってるらしいですけど、渡部も一生懸命にプレーした上でああなったわけで、別にわざとやったわけではないんで。
いろいろ書きたがる人はいるかもしれないけど、高校野球ではこういうことはあり得ることなので渡部を責めることはおかしい。
渡部は落ち込んでいる感じがあるので元気にさせて、チームのみんなで守っていこうと話している」という。

スタメンを外れたことについて渡部は「出たい気持ちはあるが、監督を信じています。
信じたからこそ昨日みたいな試合ができたので」と気丈に語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000006-tospoweb-base

>>続きを読む

内田篤人、独2部ウニオン・ベルリン移籍が決定!「ワクワクしている」

2017-08-22 08:08
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/08/22(火) 00:57:25.99 ID:CAP_USER
ドイツ2部のウニオン・ベルリンは21日、シャルケからDF内田篤人を獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 契約は2018年6月30日までの1年間で、背番号は「2」に決まっている。

 内田はクラブ公式サイトを通じ、「この移籍が速く決まってくれて嬉しいです。ここで、どんなことが待ち受けているのか、ワクワクしています。昨シーズンからウニオンの成長を追っていました。もちろん、イェンス・ケラー監督のことは良く知っています。クラブの目標(昇格)はハッキリしています。この目標に向かって参加できること、そして再びサッカーがプレーできるがとても嬉しいです」とコメントした。

 現在29歳の内田は2010年に鹿島アントラーズからシャルケに移籍。在籍7シーズンで公式戦152試合に出場し、2ゴール18アシストを記録した。

SOCCER KING 8/22(火) 0:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00631120-soccerk-socc
 

1. FC Union Berlin@fcunion
Herzlichen Willkommen bei den Eisernen, @atsuto_uchida22! #fcunion #unveu #eisern #au2
http://pbs.twimg.com/media/DHw3Z5LXsAI7tCy.jpg

>>続きを読む

広陵・中村 本塁打お預けも4戦連続マルチ 歴代最高打率・727更新も

2017-08-22 00:10
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/08/21(月) 08:10:20.69 ID:CAP_USER
 ◇第99回全国高校野球選手権第12日・準々決勝 広陵10―4仙台育英(2017年8月20日 甲子園)

 準々決勝4試合が行われた。広陵(広島)の中村奨成捕手(3年)は、大会史上初の
4試合連続本塁打はならなかったが、4戦連続マルチ安打となる2安打2得点の活躍。
東海大菅生(西東京)は打線が3発と爆発した。なお、今大会の本塁打数が
64本となり、2006年に記録された1大会最多本塁打の60本を更新。
21日は休養日で、22日に準決勝が行われる。

 こんな光景は見たことがなかった。中村の名前がコールされると、球場全体が
拍手と歓声で揺れた。ファンは、大会史上初の4試合連発を期待した。

 初回1死一塁。周囲の高まる期待を感じながらも、最優先するのはチームの勝利だ。
「ホームランは意識しないが、出ればいいかなという気持ち」と力むことなく
左中間へ二塁打をマーク。二、三塁と好機を広げ、3点先制をお膳立てした。

 3回は先頭で左前打で出塁し、二盗も決めた。いずれも本塁へ生還し、着々と
リードを広げた。4戦連続マルチ安打。一発は出ず、大会最多となる85年清原
(PL学園)に並ぶ5本塁打は、準決勝以降に持ち越しとなったが、更新のチャンスは
十分にある。

 本塁打だけではない。5打数2安打で打率・667に下げたが、4打数4安打ならば、
88年津久見・古閑憲生の大会記録、打率・727に並ぶ。日頃から
「打率10割を目指している」と言うだけに、こちらの記録も最後まで諦めない。

 注目されながら活躍する裏には、学校の寮でも今大会の宿舎でも同部屋の平元からの
“プレゼント”があった。前日の聖光学院戦では決勝弾を含む3安打4打点。
部屋ではテレビのチャンネル権を手にし、お風呂も先に入り、消灯する時間も
決めさせてくれた。平元は、いつも自分を気遣ってくれる女房役について
「(中村は)リフレッシュできたと思います」と笑った。

 この日は9月にカナダで開催されるU―18ワールドカップの高校日本代表メンバーに
選出された。早実・清宮とのクリーンアップも期待される中村だが
「今は頭に入れず、甲子園の優勝だけを考えたい」と力を込めた。準決勝は、
明豊戦を20安打13得点で勝ち上がった天理に決まった。「打ち合いになると思う」。
準優勝した07年以来10年ぶりのベスト4。中村は広陵初の夏頂点と記録に挑む。

 ▽夏の甲子園の最高打率 最高打率の規定は79年以降、8強以上のチームに限られ、
88年津久見・古閑憲生が・727をマーク。初戦の札幌開成(南北海道)との2回戦で
右越えソロを含む4打数3安打、大垣商(岐阜)との3回戦でも2安打。準々決勝・
広島商戦は0―5で敗れたが、自身は3安打。3試合で11打数8安打の活躍。
近年では04年に横浜・石川雄洋が・714(4試合=14打数10安打)、
駒大苫小牧・糸屋義典が・700(5試合=20打数14安打)。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000037-spnannex-base

>>続きを読む

仙台育英、大阪桐蔭戦での「蹴り疑惑」 日本文理戦でもとネットで騒動拡大 「完全にわざとやってる」

2017-08-21 21:08
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/08/21(月) 19:25:00.87 ID:CAP_USER
夏の甲子園(全国高校野球選手権)3回戦で仙台育英の選手が一塁を駆け抜けた際、「大阪桐蔭の一塁手の足を蹴ったのではないか」と物議を醸した場面が、試合から2日経っても波紋を広げている。

 ツイッター上では、2回戦の日本文理戦でも同じ選手が一塁手の足を蹴ったのではないかと指摘があがり、その場面の動画が拡散された。

■「たまたまなら仕方ないけど...」

 2017年8月19日の仙台育英と大阪桐蔭による3回戦、0-0で迎えた7回ウラ2死の場面で、打席に立った仙台育英の捕手は遊ゴロを打つと、一塁を駆け抜けた。この際、塁を右足で踏み、左足が大阪桐蔭の一塁手に直撃した。アウトになったが一塁手は倒れ込み、チームメイトに肩を支えられながらベンチへ引き上げた。試合後は車いすに乗って球場をあとにしたという。このけがもあってか、ツイッターやインターネット掲示板上ではこの走塁をめぐって非難と擁護の声が飛び交った。

  「完全にわざとやってるな」
  「たまたまなら仕方ないけど、普通に走ってこんな当たり方するかな」
  「セーフになろうと全力疾走してベースを踏もうとすればあんな動きになると思う」
  「プレー中に相手を怪我させようとするプレイヤーなんてそうそういるものではありません」

 すると、9回ウラにはまさかの「ミス」が起きた。2死1、2塁、大阪桐蔭が1-0とリードで迎えた場面で、遊ゴロを送球された大阪桐蔭の一塁手は、塁を踏まずに捕球した。タイミングはアウトに見えたため大阪桐蔭ナインはベンチに戻りかけたが、一塁手がベースを踏むのが遅れて打者がセーフ。勝利が一転、結局サヨナラ打を浴びて1-2で敗北した。けがをした一塁手は、けがをした時の走塁との関連を問われて、「関係ありません」などとスポーツ紙に語ったが、ツイッターでは「仙台育英が大阪桐蔭のファーストの足を蹴ったのが完全に伏線になってる負け方やん...」と、7回ウラの走塁と関連づける投稿も複数見られた。

2回戦の日本文理戦にも波及

 バッシングは、仙台育英の2回戦・日本文理戦でも同様の場面があったなどとして拡大した。6回ウラ2死3塁の仙台育英の攻撃、打者は前述と同じ捕手。二ゴロの一塁送球がそれて、一塁手が体を地面に投げ出して捕球したところ、同捕手の右足が一塁手の足に当たったように見えた。3アウトでチェンジになり、一塁手にもケガはなかったようだが、「日本文理戦での疑惑の足蹴り」などと言われて大阪桐蔭戦後に拡散された。

 さらには、仙台育英を労うツイートに対して「ナイスキックと●●(編注:実際は同捕手名)くんに伝えてください」などと誹謗するリプライも寄せられている。

 大阪桐蔭戦7回ウラの走塁について、20日の日刊スポーツによると、仙台育英の同捕手は「必死にセーフになろうと思って走り、体のバランスを崩して足が当たってしまった。決して故意ではありません」と述べている。

 しかし、同捕手は20日の準々決勝の広陵戦で先発を外された。仙台育英は4-10で敗れて夏を終えた。21日のスポーツ報知によると、仙台育英の佐々木順一朗監督は欠場理由について明言を避けつつ「彼を守るために戦った」としている。

 21日になってもネット上では大阪桐蔭戦の走塁をめぐって「蹴り入れてる時の脚の使い方」「ベースの踏むのに全力疾走して接触したよーにしか見えない」といった投稿が続いている。また、「大阪桐蔭も仙台育英もこんな終わりかたは気持ちよくないだろ」と嫌気を感じる向きも少なくない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000008-jct-ent&p=2

>>続きを読む

真中監督が辞任へ…ヤクルト、サヨナラ黒星でシーズン負け越し決定

2017-08-21 20:08
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/08/21(月) 05:28:39.16 ID:CAP_USER
2017.8.21 05:05

 (セ・リーグ、広島6x−5ヤクルト=延長十回、20回戦、広島13勝6敗1分、20日、マツダ)ヤクルト・真中満監督(46)が今季限りで退任する可能性が高いことが20日、明らかになった。就任1年目の2015年に14年ぶりのリーグ優勝を果たしたが、3年契約の最終年となった今季は、この日の広島20回戦(マツダ)にも5−6でサヨナラ負けして借金33と低迷。レギュラーシーズンの負け越しも決まった。最下位に沈む成績不振の責任を取り、辞意を固めたもようだ。

 敵地・マツダスタジアムで、首位を走る広島にサヨナラ負けを喫し、38勝71敗2分け。32試合を残して、レギュラーシーズンの負け越しが決まった。勝率・349で最下位に沈む中、真中監督が成績不振の責任を取り、今季限りで退任する可能性が高まった。

 現役時代は外野手として16年間、ヤクルト一筋でプレー。現役引退後に2軍監督や1軍チーフ打撃コーチなどを歴任し、2015年に1軍監督に就任した。

 就任1年目は、後半戦から川端を2番に置き、山田と畠山を含めた3人が打撃タイトルを獲得した。投手陣は秋吉やバーネット(現米大リーグ、レンジャーズ)ら救援陣が強固。石川や小川ら先発陣も奮闘し、01年以来14年ぶりのリーグ優勝を達成した。

 しかし、2連覇を目指した昨季は5位。巻き返しを狙った今季の開幕前、真中監督は「優勝を狙えると思っている。オープン戦だけではあるけど、投手陣は先発を含め、ある程度のメドは立った」と話していた。ただ、シーズンに入ると思わぬ誤算があった。

 15年の首位打者、川端が2月に椎間板ヘルニアを発症し、今月中旬に再発。同下旬に手術を行う予定で、1軍出場機会がないまま今季を終えることが確定した。開幕後は畠山や秋吉、雄平、大引ら、主力に故障者が続出した。

 シーズン中には先発の小川を抑えで起用(現在は再び先発)し、野手ではリベロ(前ダイヤモンドバックス3A)を獲得。それでも十分な戦力とはいえない状態が続き、月別の成績で勝ち越しはなし。7月にはチームとして47年ぶりの14連敗(1分けを挟む)を喫した。

 真中監督は3年契約の最終年。開幕前から「集大成、最後のつもりでやっている。過去2年間よりは選手起用など、いろいろなパターンを考えてシーズンに臨める」と覚悟を決めて臨んだシーズンだった。しかし、借金は膨らみ、クライマックスシリーズ(CS)進出も絶望的。低迷した状況を受け止め、辞意を固めたとみられる。

 真中監督が退任することになれば、球団は後任の人選を急ぐことになる。

★この日のヤクルト

 広島戦は延長十回、5−6でサヨナラ負け。38勝71敗2分けとなり、シーズン負け越しが決まった。広島戦も5試合を残し、6勝13敗1分けで負け越し決定。バレンティンの満塁弾などで4点リードの八回に、3番手・石山が2本の2ランを浴びて追いつかれ、最後はルーキが痛打された。真中監督は「本当に一つずつ。ファンはいつも最後まで応援してくれているので、一つでも勝てるように頑張っていくだけ」と前を向いて話した。

★今季のヤクルト

 3月31日のDeNAとの開幕戦(神宮)に9−2で勝つなど4試合を3勝1敗でスタートも、次戦から6連敗と失速。5月30日のオリックス戦(京セラ)から10連敗(1分けを含む)、7月1日の阪神戦(甲子園)からは14連敗(1分けを挟む)と、2度の2桁連敗を喫した。7月26日の中日戦(神宮)では0−10から逆転するなど劇的勝利もあったが、浮上できず。川端、畠山らが長期離脱、バレンティンや小川らも一時離脱と故障者が相次ぎ、山田も思わぬ不振に陥った。

真中 満(まなか・みつる)

 1971(昭和46)年1月6日生まれ、46歳。栃木・大田原市出身。宇都宮学園(現文星芸大付)高、日大を経て93年ドラフト3位でヤクルト入団。勝負強い打撃で4度の日本一に貢献し、2008年に現役引退。通算成績は1368試合に出場、打率.286、54本塁打、335打点。ヤクルトのコーチ、2軍監督を経て14年オフ、監督に就任。就任1年目の15年にリーグ優勝に導いた。1メートル70、85キロ。左投げ左打ち。既婚。年俸1億円。背番号77。

http://www.sanspo.com/baseball/amp/20170821/swa17082105050001-a.html
広島戦の八回に、選手交代を告げる真中監督。険しい表情の続くシーズンだ(撮影・鳥越瑞絵)
http://www.sanspo.com/baseball/images/20170821/swa17082105050001-p1.jpg

>>続きを読む

甲子園大会から「タオル回し」がなくなればいいのに 高校野球の世界に、「タオル回し」はそぐわない。

2017-08-21 19:09
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/08/21(月) 17:09:04.65 ID:CAP_USER
「今年もか」と残念に思った。なくなって欲しいと心から願った。夏の甲子園大会。両校の攻防がピークを迎えた時に観客が行う「タオル回し」である。あれ、やめませんか。

 8月19日の3回戦、仙台育英対大阪桐蔭でも起きた。0―1と仙台育英が1点ビハインドで迎えた9回裏2死満塁。直前の2死一、二塁では遊ゴロでゲームセットと思われたが、大阪桐蔭の一塁手がベースを踏み損ない、チャンスが拡大していた。勝負所なのは分かるし、興奮するのも分かる。それでも観衆がタオルを回し、守備側のチームにプレッシャーをかけることには、強烈な違和感を覚える。

 去年の夏もそうだった。甲子園の2回戦、東邦対八戸学院光星だ。東邦が9回裏、4点差を追いつき、なおも2死二塁でサヨナラ打を放ち、最大7点差をひっくり返すミラクル劇を成し遂げた。あの時、ネット裏に座ったドリームシートの子供たちから外野席まで、応援歌に合わせて球場全体がタオルを振り回し、東邦ナインを後押しした。

 あらかじめ記すが、先日の仙台育英ナインやこの時の東邦ナインの最後まで諦めない心は、すごいと思う。立派なもので、称賛に値する。それとは全く別に、観衆が勝敗の行方に土足で介入しようとすることには、やはり反対だ。

 昨夏の八戸学院光星の投手は試合後、“完全アウェー”の雰囲気に「全体が敵なのかなと思いました」と言った。本音だろう。夢舞台に憧れ、頑張ってそのマウンドに立てた球児に、そう思わせる甲子園大会であって欲しくない。

 プロ野球ならばいいと思う。観衆はスタジアムで、思いのままに楽しむ権利を有する。打者は打てなきゃヤジられ、投手は打たれりゃブーイングを浴びる。称賛や非難をたっぷり背負う代わりに、プロ野球選手には高額の年俸が支払われる。ホームとアウェーで雰囲気や風景が大きく変わるのも醍醐味だ。でも、高校球児はアマチュアである。甲子園に見に行く人は応援する学校だけでなく、対戦するチームにも「頑張れ」の思いを胸に、グラウンドを見つめられないものだろうか。

 背景には甲子園大会の「フェス化」があると思う。見るだけでなく、参加する。感想を投稿し、ファン同士で共感し合ったりする。それはいいことだと思う。大きな声で応援するのは素晴らしいことだけれど、「語り継がれる伝説」の証人になることを望んだ結果、プレーヤーに恐怖を与えるのはやり過ぎだし、マナー違反だ。

 「タオル回し」はする方に悪気はなくても、守る選手側にとってはプレー上の障害でしかない。大会本部は出場校にこの行為の自粛を求めている。理想は来場者に禁止するのではなく、観衆が「高校球児が嫌がることはやめようよ」と自発的に考え、自然になくなることだ。

 高校球児は礼に始まり、礼に終わる。応援団やブラバンもエール交換を行う。お互いがリスペクトし合い、全力を尽くす高校野球の世界に、「タオル回し」はそぐわない。(記者コラム・加藤弘士)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000103-sph-base

>>続きを読む

ダルビッシュ、“2段モーション騒動”に言及「本当にどうでもいいことには力入れる」

2017-08-21 18:01
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/08/21(月) 10:29:22.41 ID:CAP_USER
 ドジャースのダルビッシュ有投手が、西武の菊池雄星投手が17日の楽天戦で反則投球を
2度宣告されたことについて「本当にどうでもいいことには力入れるよなぁ。。」と
つぶやいている。

 菊池は楽天戦で2球連続で「2段モーション」の判定を受けた。2回1死で松井稼を打席に迎えると、
初球の速球で空振りも不正投球をコールされ、2球目を投げてファウルだったが、これもまた
不正投球とされた。辻監督はベンチを飛び出して球審に説明を求めにいき、強い口調で球審と
話を続けたが、橋上コーチに連れられてベンチへ戻った。

 その後はクイックモーションに切り替え、2安打完封で12勝目を挙げた菊池。ただ、菊池が
8月中旬になって初めて指摘されたことに怒りを露わにしたというニュースをダルビッシュは
自身のツイッターで取り上げ、「本当にどうでもいいことには力入れるよなぁ。。」とつぶやいた。

 19日には、日本ハムの2年目右腕・井口も本拠地・西武戦で9回に4番手で登板した際に
初球に2段モーションの指摘を受け、反則投球でボールとされた。同投手はキャンプ中に1度
注意されていたことを明かしていた。

フルカウント
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00010005-fullcount-base

>>続きを読む

最新記事
アクセスランキング
月別アーカイブ
アンテナ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR