スポ根まとめ

張本氏、侍ジャパン敗因は「コーチ人事と打線。青木は素晴らしい選手だけど、もう35、6歳でピークを過ぎている。」

2017-03-27 01:12
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/03/26(日) 13:03:22.42 ID:CAP_USER
張本流ベストオーダーも発表

野球評論家の張本勲氏(76)が26日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に生出演。
第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝で米国に敗れた小久保裕紀監督(45)率いる侍ジャパンの敗因を分析し、“張本流”のベストオーダーを発表した。

米国戦のVTRを見た張本氏は「武士の情けで負けたチームを悪く言いたくないんだけれども、敗因は2つある」と明言。
「コーチも監督も経験がない小久保監督に代表監督という大役を与えたのだから、良いコーチを付けるべきだった」と、まずはコーチ人事を敗因に挙げた。

また「打線に迫力がなかった」と語り、小久保監督が3番に青木宣親外野手(アストロズ)を置いたことを疑問視。
「青木は“リトルイチロー”と呼ばれるくらい素晴らしい選手だけど、もう35、6歳でピークを過ぎている。
その選手を3番に置いてはダメ。青木は内川のように代打の切り札に置いておくべきだった」と指摘した。

3番には山田哲人内野手(ヤクルト)を置くべきだったという持論を展開すると、
「順番をちょっと変えてみて。専門家が言ってあげますから」と司会の関口宏(73)にパネル上の米国戦スタメンを変更するように要求。
「1番は坂本、3番は山田。あと鈴木(誠也)を使う。
小林を8番、秋山を9番」と“張本流世界一オーダー”を完成させ、
「トータル的にこういう打線が良いんじゃないかと思います。以上です」と締めくくった。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/26/kiji/20170326s00001004180000c.html
2017年3月26日 10:05

>>続きを読む

2回戦 福岡大大濠1-1滋賀学園 延長十五回引き分け 再試合に

2017-03-27 00:05
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/03/26(日) 14:14:22.98 ID:CAP_USER
 第89回選抜高校野球大会第7日の26日は2回戦3試合。第2試合は福岡大大濠(福岡)と滋賀学園(滋賀)が対戦。1点を争う緊迫した投手戦は、今大会5回目の延長に突入したが、延長十五回で決着がつかず引き分け再試合となった。引き分け再試合は86回大会での2回戦、広島新庄と桐生第一の対戦以来3年ぶり。

 福岡大大濠(福岡)1−1滋賀学園(滋賀)(延長十五回)

 滋賀学園は初回、1番・真藤、2番・小浜の連続安打で1死二、三塁の好機を作り、4番・武井の中前適時打で先制。福岡大大濠は八回に安打と四球で1死一、二塁として4番・東が中前に適時打を放って同点に追いついた。

 滋賀学園・宮城、福岡大大濠・三浦の両先発は制球が良く、1点を争う投手戦となり、バックも堅守で支えた。初戦に完投した三浦は、この試合も1失点で延長十五回を投げ抜いた。滋賀学園は初戦の延長十四回に続く延長戦となったが、引き分けた。

毎日新聞 3/26(日) 14:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000024-mai-base

▼2回戦 2017/03/26(日) 福岡大大濠(福岡)−滋賀学園(滋賀)

福大大濠 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
滋賀学園 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
(延長十五回引き分け再試合)

【投手】
(濠)三浦−古賀
(滋)宮城、棚原−後藤

http://www.sanspo.com/high-baseball/senbatsu89/score/kekka170326_2.html

>>続きを読む

本田、ラストチャンスか。タイ戦で先発復帰案も浮上、強気で挑むサバイバルマッチ

2017-03-26 22:11
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/03/26(日) 12:48:38.10 ID:CAP_USER
フットボールチャンネル 3/26(日) 10:30
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170326-00010009-footballc-socc&p=1

本田圭佑が、代表キャリアにおける危機に立たされている。代表のエースに君臨し続けてきた本田だが、これまでプレーしてきた右サイドのポジションでは久保裕也がUAE戦で1ゴール1アシストの活躍を見せるなど、ポジションを奪われつつある。28日に行われるタイ戦では先発に復帰する可能性もあるが、もし十分な出場機会を与えられなければ、代表の立場も危うくなる。それでも、「試練がすごく楽しい」と強気な姿勢でサバイバルマッチに挑もうとしている。(取材・文:元川悦子)

右サイドは23歳の久保が好調。崖っぷちに追い込まれた本田

 敵地UAEでの勝ち点3を手にして、2018年ロシアワールドカップ・アジア最終予選グループBの2位を死守した日本代表。24日の帰国後、25日夕方から次戦・タイ戦(埼玉)に向け再スタートを切ったが、UAE戦の功労者である今野泰幸(G大阪)と大迫勇也(ケルン)の2人が負傷で離脱することが決まった。

 右足親指を痛めて別メニューを強いられていた高萩洋次郎(FC東京)もチーム離脱が決定し、遠藤航(浦和)と小林悠(川崎)を追加招集したものの、戦力的に厳しいのは確か。グループAの韓国が23日、グループ最下位の中国に敗れる波乱が起きた例もあるだけに、日本も万全の態勢で挑まないとグループB最下位のタイに足をすくわれる可能性もある。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は最終予選突入後、2連戦の時には必ずと言っていいほどスタメンを入れ替えてきた。UAE戦でフル出場した面々は、長距離移動と気候の変化も重なって疲労が蓄積しているだけに、今回も数人を入れ替えるはずだ。

 そこで気になるのが、久保裕也(ヘント)に右サイドのレギュラーの座を奪われつつある本田圭佑(ミラン)の動向だ。23歳の成長著しいアタッカーが2日前の大一番で1ゴール1アシストの大活躍を見せたことから、長年エースに君臨してきた男は崖っぷちに追い込まれている。

>>続きを読む

北の富士氏、照ノ富士への館内ブーイングは「当然、飛ぶでしょうね」/春場所

2017-03-26 21:03
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/03/26(日) 16:46:49.66 ID:CAP_USER
サンケイスポーツ 3/26(日) 16:37配信

北の富士氏、照ノ富士への館内ブーイングは「当然、飛ぶでしょうね」/春場所

北の富士勝昭氏(写真:サンケイスポーツ)

 大相撲春場所千秋楽(26日、エディオンアリーナ大阪)NHKの大相撲中継で解説を務めた元横綱北の富士勝昭氏(74)が、14日目に立ち合いの変化で関脇琴奨菊(33)をはたき込み、単独トップに立った大関照ノ富士(25)に苦言を呈した。

 立ち合いで大きく右に変化した照ノ富士について、「あれはもう解説しようがない。ああいう相撲を見せられると、せっかく盛り上がっているのに水を差されますよね。(ブーイングは)当然、飛ぶでしょうね」と一刀両断した。

 またけがを押して強行出場を決断した新横綱稀勢の里(30)が、横綱戦で鶴竜(31)に寄り切られ、2敗に後退したことには「出てきただけでもえらいなと。そんなに無理しなくもよかったのになといまでも思う」と心配していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000565-sanspo-spo

>>続きを読む

2回戦 福井工大福井7-7健大高崎 史上初の2試合連続引き分け再試合に

2017-03-26 20:13
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/03/26(日) 18:28:29.24 ID:CAP_USER
 ◇第89回選抜高校野球大会2回戦 健大高崎7―7福井工大福井(2017年3月26日 甲子園)

 第89回選抜高校野球大会第7日は26日、甲子園球場で2回戦3試合が行われ、第3試合では2年ぶり3回目出場の高崎健康福祉大高崎(群馬)と2年連続5回目出場の福井工大福井(福井)が対戦。延長15回で勝負がつかず、7―7の引き分け、再試合となった。

 第2試合の福岡大大濠―滋賀学園も1―1で引き分け再試合となり、春夏の甲子園を通じて史上初の2試合連続での引き分け再試合となった。

 健大高崎は3回、安打と死球で2死一、二塁としてから2番・小野寺が右中間方向へ打球を運び、打球を処理した相手右翼手が負傷してボールをこぼす間に走者2人が本塁生還を果たしてまずは2点を先制(記録は2点適時三塁打)。相手右翼手が負傷交代した直後の初球を3番・安里がすかさずセーフティースクイズして3点目が入ると、敵失を誘って安里は一気に二塁へ(記録は三塁への内野安打と三塁手の一塁悪送球)。続く4番・山下の右越え三塁打でリードを4点に広げた。

 5回と6回に3点ずつを失い逆転を許したが、7回に死球で出塁した小野寺が盗塁と敵失で三塁へ進み、山下の左犠飛で6―6の同点。9回には1点を勝ち越されたが、その裏に2死二、三塁から三走・小野寺と二走・安里の重盗で7―7と同点に追いつき、延長戦に突入。勝負がつかなかった。

スポニチアネックス 3/26(日) 18:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000136-spnannex-base

>>続きを読む

大相撲三月場所千秋楽 新横綱・稀勢の里逆転優勝!2場所連続2度目 本割変化から照を下し決定戦逆転小手投げ

2017-03-26 18:11
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/03/26(日) 18:02:00.57 ID:CAP_USER
          東    決まり手    西
○ 大栄翔 11勝4敗   つきだし  .琴勇輝 5勝10敗 ●
○ 輝      7勝8敗   おしだし   錦木   5勝10敗 ●
● 佐田の海4勝11敗  こてなげ.  隠岐の海10勝5敗 ○
○ 貴景勝 11勝4敗   おしだし   千代翔馬9勝6敗 ●
● 逸ノ城   6勝9敗  すくいなげ. .宇良    8勝7敗 ○
● 妙義龍  6勝9敗   はたきこみ . 碧山    8勝7敗 ○
○ 千代の国9勝6敗   つきおとし.  徳勝龍  8勝7敗 ●
● 大翔丸  7勝8敗   つきおとし.  北勝富士7勝8敗 ○
○ 遠藤    8勝7敗 .   よりきり   栃ノ心   7勝8敗 ●
● 石浦    7勝8敗   おしだし   宝富士  7勝8敗 ○
● 蒼国来 4勝11敗   . よりきり   旭秀鵬 5勝10敗 ○
● 魁聖 3勝7敗5休   つきおとし.  勢     5勝10敗 ○
● 豪風   5勝10敗   おしだし   松鳳山 5勝10敗 ○
○ 貴ノ岩   6勝9敗 .   よりきり   正代   4勝11敗 ●
○ 御嶽海  9勝6敗   ひきおとし.  栃煌山 10勝5敗 ●
○ 琴奨菊  9勝6敗   . よりきり   嘉風    8勝7敗 ●
● 玉鷲    8勝7敗 .   よりきり   高安   12勝3敗 ○
● 照ノ富士13勝2敗   つきおとし. 稀勢の里13勝2敗 ○
● 日馬富士10勝5敗.   よりきり   鶴竜   10勝5敗 ○
              優勝決定戦
● 照ノ富士13勝2敗    こてなげ. 稀勢の里13勝2敗 ○

幕内最高優勝
 横綱 稀勢の里 2場所連続2度目 13勝2敗
三賞受賞力士
 殊勲 西関脇         高安   (11勝3敗)
 敢闘 東前頭十三枚目 貴景勝 (11勝4敗)
 技能 該当なし
各段優勝力士
 十両   西三枚目     豊響 (10勝5敗)
 序二段 東三十二枚目 若山 (7勝0敗)

今日の中入り後の結果/三賞受賞・各段優勝力士
http://www.sanspo.com/sports/sumo/17haru/20170326.html
http://www.sumo.or.jp/ResultData/champions

>>続きを読む

チェルシー、ネイマール獲得でバルサと合意へ 移籍金215億円と伊紙

2017-03-26 17:04
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/03/26(日) 15:24:35.37 ID:CAP_USER
チェルシー、ネイマール獲得でバルサと合意へ 移籍金215億円と伊紙

theWORLD(ザ・ワールド) 3/26(日) 14:20配信

破格の移籍金が成立か

イングランドプレミアリーグのチェルシーは今夏、大物を招き入れることになるかもしれない。
同クラブのロシア人オーナー、ロマン・アブラモビッチがバルセロナとブラジル代表FWネイマールの獲得で口頭合意に達したという。

世紀のビッグディールの合意を報じたのは伊紙『Tuttosport』だ。
同紙は、石油王のアブラモビッチ氏がバルサとネイマールの移籍に関する“口約束”を取り付けたとし、電撃移籍成立の可能性を伝えている。
曰く、チェルシーは25歳のブラジル人ドリブラー獲得に1億8000万ユーロ(約215億円)を支払う覚悟があり、
仮に実現すれば現在のサッカー界における移籍金記録を当然ながら更新することになる。

しかしながらこの衝撃的な契約成立に“待った”をかけているのが、絶好調のチェルシーを指揮するアントニオ・コンテだという。
同監督は新たな選手を加入させる前に、まずはチームから放出する選手を決めたい方針を示しており、
これが“ネイマール獲得”を妨害している状況だと同紙は伝えている。

バルセロナではリオネル・メッシに勝るとも劣らない活躍ぶりでチームの攻撃を牽引する存在にまで急成長を果たしたネイマール。
先日はプレミアリーグでのプレイを望むコメントも残しており、今後の動向には多くの注目が集まることだろう。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00010010-theworld-socc

>>続きを読む

オランダ(21位)がブルガリア(71位)に完封負け A組4位転落 W杯欧州予選

2017-03-26 15:01
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/03/26(日) 11:02:41.80 ID:CAP_USER
W杯欧州予選A組

ブルガリア 2-0 オランダ

5' Spas Delev
20' Spas Delev
http://www.livescore.com/soccer/world-cup/uefa-qualification-group-a/bulgaria-vs-netherlands/1-2059279/

スウェーデン 4-0 ベラルーシ

19' Emil Forsberg
49' Emil Forsberg
57' Marcus Berg
78' Isaac Kiese Thelin
http://www.livescore.com/soccer/world-cup/uefa-qualification-group-a/sweden-vs-belarus/1-2059278/

ルクセンブルク 1-3 フランス

0-1 28' Olivier Giroud
1-1 34' Aurelien Joachim
1-2 37' Antoine Griezmann
1-3 77' Olivier Giroud
http://www.livescore.com/soccer/world-cup/uefa-qualification-group-a/luxembourg-vs-france/1-2059280/

W杯欧州予選 A組順位表
http://www.livescore.com/worldcup/uefa-qualification-group-a/

>>続きを読む

照ノ富士、変化で王手も大ブーイング!「モンゴル帰れ」

2017-03-26 11:04
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/03/26(日) 06:53:52.16 ID:CAP_USER
◆大相撲春場所14日目 ○照ノ富士(はたき込み)琴奨菊●(25日・エディオンアリーナ大阪)

 大関・照ノ富士が関脇・琴奨菊をはたき込み、単独トップに立った。結びで横綱・稀勢の里が敗れたため2015年夏場所以来、11場所ぶり2度目の賜杯に王手をかけた。立ち合いで変化し、観客の激しいブーイングを浴びたが、古傷の左膝を痛めており、奇襲戦法で1敗を守った。千秋楽で稀勢の里との直接対決を制すれば優勝が決まる。6敗目の琴奨菊は、1場所での大関復帰がなくなった。

 「琴バウアー」に沸く館内で、照ノ富士は眉間にしわを寄せていた。「(変化を決めたのは土俵に)上がってから。待ったの時に気持ちが…。一度決めたら迷ったらいかん」。立ち合いが一度不成立になっても決意は変わらない。両手をついて構え、当たらずに右へ身を翻した。勢い余った琴奨菊は土俵下まで転がった。

 観客は驚きで一瞬静まり、激しいヤジが飛び交った。「モンゴルに帰れ!」「恥を知れ!」。期待外れの結末を受け、観客は不満を怒りに変えて大関に浴びせた。協会幹部も落胆を隠せない。土俵下の二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津)は「がっかりした。(横綱に)上がる人がね…。ブーイングも分かるよ。優勝したら綱取り? 内容(の問題)もあるしな」と苦い顔。八角理事長(元横綱・北勝海)も「勝ちたい気持ちは分かるけど、大関だからね。お客さんが見てるわけだから。残念」と苦言を呈した。賜杯を抱けば夏場所(5月14日初日・両国国技館)が綱取りになる可能性が高いが、印象を悪くした。

 8勝と2ケタ黒星を繰り返した1年間を思えば、なりふり構っていられない。照ノ富士は朝稽古を途中で切り上げ、古傷の左膝の治療を受けた。鶴竜を破った前日13日目の取組後に「外掛けを受けて(膝が)やばかった」と漏らし、この日は患部に右膝の2倍の量のテーピングを施して勝負に臨んだ。奇襲はリスクを承知しての判断だった。

 千秋楽では手負いの新横綱との大一番が待つ。「少しでも良くなってほしい」とライバルを気遣いながらも「最後はしっかりやるだけ。全力でやるだけ」と語気を強め一戦必勝の決意を固めた。(網野 大一郎)

スポーツ報知 3/26(日) 6:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000066-sph-spo
http://www.hochi.co.jp/photo/20170326/20170326-OHT1I50040-T.jpg

>>続きを読む

「本田圭佑は外す理由がない。絶対に必要」霜田元技術委員長と都並氏が日本代表を語る

2017-03-26 08:10
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/03/26(日) 02:26:53.92 ID:CAP_USER
都並氏、岩政氏らが独自解説で番組を盛り上げる!

3月24日、視聴者参加型のサッカー情報番組『スカサカ!ライブ』の公開収録がスカパー東京メディアセンターで行なわれた。
 
レギュラー放送に先駆けた2時間拡大版生放送の収録には、元日本代表DFで番組のレギュラー出演者である岩政大樹氏をはじめ、前日本サッカー協会技術委員長・ナショナルチームダイレクターの霜田正浩氏、サッカー解説者の都並敏史氏、さらにサッカー通の将棋士・野月浩貴氏ら豪華ゲストが登場した。
 
番組では、現地時間3月23日に行なわれたロシア・ワールドカップアジア最終予選のUAE戦を中心に、サッカー界のホットな話題を振り返った。
 
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督を招聘したことでも知られる霜田氏は、「本当に良かった。結果が全てですから」と、中東でのアウェー戦で勝点3を手にした日本代表へ安堵のコメントを残した。
 
さらに同氏は、守護神の川島永嗣の名前も挙げ、20分に相手FWとの1対1を凌いだビッグセーブがチームに流れをもたらしたとした。
 
都並氏は、「相手の中盤を潰すシステム変更がピタリと当たった」とハリルホジッチ監督の巧みなシステム変更を勝因に挙げた。

また、番組放送後には出演陣へのメディア取材が行なわれ、そこで霜田氏と都並氏に「日本代表のキーマンはどれか?」という問いが飛び、両氏ともにハリルホジッチ監督の名前を挙げた。
 
霜田氏は、「勝たなければいけないギリギリの試合の中で、競争が激しくなって、世代交代がある。
ある特定の選手に頼って、その選手が新聞の見出しを飾るという時代ではなくなっている。
そういった中で監督が選手を同じ方向に引っ張っていけるかが重要」と、その理由を明かした。
 
また所属するミランで出場機会を失い、招集が疑問視された本田圭佑について都並氏は、
「あれだけの実力者を外す理由がない」とし、霜田氏も「日本にはまだ絶対に彼の力が必要」という見解を示した。
 
なお、『スカサカ!ライブ』は、4月7日から毎週金曜日21時からレギュラー放送が開始する。
毎週、編集長のジョージ・ウィリアムズ氏を中心にサッカー界をにぎわすテーマに、ゲストと視聴者とともに切り込んでいく

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00023832-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 3/25(土) 12:46配信

>>続きを読む

最新記事
アクセスランキング
月別アーカイブ
アンテナ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR