スポ根まとめ

前田智と江村、死球騒動の教訓…かつて落合博満は言った「技術のないヤツは内角に投げたらいけません」

2013-04-28 11:09
1 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:05:17.55 ID:
 現役時代の落合博満(前中日監督)が、厳しい内角攻めにたった1度だけ、
激怒した場面を見たことがある。1996年4月12日の横浜対巨人戦、相手は
当時、横浜のエースだった盛田幸希(現・幸妃)投手だった。

 ことの発端は6回表、盛田が先頭の川相昌弘内野手にぶつけた死球だった。
1死から4番を打っていた松井秀喜外野手が安打を放った一、三塁の場面。
ここで2回に本塁打を放っている落合が打席に入ると、その2球目の
ストレートが頭をかすめた。

「いい加減にしろよ!」
 落合が珍しくマウンドに向かって一歩、二歩と詰め寄る姿勢を見せると、
ベンチから長嶋茂雄監督も飛び出し猛抗議するという騒動になった。

「あいつはもう投手とは呼ばないよ」
そして試合後の落合は、盛田のことをこうばっさりと切り捨てた。

 普段は厳しい内角攻めにも「避けるのもバッターの技術」と平然と
受け流していた落合が、なぜにあれほどまで激怒したのか? 
のちに本人に直接、理由を聞くとこんな答えが返ってきた。

「技術のないヤツは内角に投げたらいけません。あれだけ内角(に投げた球)が
抜けてくる投手は、ただ思い切って投げていたら、いつか頭に当てるだろ。
そうなったらこっちは生死に関わる問題なんだ」

 野球に死球はつきものである。

 メジャーでは古くから「インコースは投手の聖域だ」という言葉がある。
特に近代野球では、バットなど用具が進歩し、打撃マシンなども整備されて
打者の技術は向上の一途をたどっている。それに比して、投手は昔ながら
腕一本で勝負しなければならないのである。

 その投手が生き残っていくためには、打者の身体を起こすような
インコースの厳しいボールを投げ、その残像を利用して料理していくしか
ない。それでも踏み込んで強打しようとしてくる打者に対しては、メジャーの
投手の中には平気で頭付近へのブラッシュボールを投げてくる投手もいる。

>>2に続く

http://number.bunshun.jp/articles/-/416348
より一部抜粋

2 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:05:25.38 ID:
 1990年代から2000年代前半にかけての最強投手としてイチローや松井が
一目を置いたペドロ・マルチネス投手や薬物問題でケチはついたが、
それでも過去20年で間違いなく最強投手の一人に挙げられるロジャー・
クレメンス投手などには、“ヘッド・ハンター(首狩り族)”という異名がついていた。
ブラッシュまがいの厳しい内角攻めを辞さず、実際に平然と頭を狙って投げる
彼らのピッチングに由来するものなのである。

 ただ、一つだけ言うとすれば、彼らが投げるブラッシュボール(全部とは
言わないが……)は、決して指にかかっていない抜けたボールではないと
いうことなのだ。
 狙って投げている――こちらの方が悪質といえば悪質かもしれないが、
彼らの厳しい内角攻め、威嚇には、はっきりとした意思があり、その意思を
支える技術の裏付けがある。打者も狙ってくることを前提に踏み込み、
その上で内角という“投手の聖域”を巡っての攻防が繰り広げられるわけである。

「自分は150kmの真っすぐを投げるわけじゃないので、これからも
左(打者)の内角をきっちりと攻めていきたい」
前田に死球を当てた江村の試合後のコメントだ。

 もちろんこの死球でひるむ必要はまったくない。これからもマウンドでは
内角に投げなくてはならないのも言うまでもない。

 ただ、である。
 あの前田に投じた内角の2球は、いずれも指にかかっていない意思のない
ボールだったという事実は重い。そのことを江村は、忘れてはならないということだ。

 抜けた内角球が1打席で2度もくれば、打者は怒るのは当たり前である。
今のままなら、落合が語ったところの「内角に投げる“資格”のない投手」
ということなのである。

 だから江村にはこれから必死に取り組まなければならない課題が
生まれたということだ。

 それは内角にただ漫然と投げるのではなく、確実に自分の意思の通った
ボールを投げられるようになること――そのために必死に技術を磨く努力を
することである。

 それがこれからプロの投手として、唯一、聖域を守っていく資格だからである。

8 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:08:19.31 ID:ffx7LawT
前田は選手生命終わっただろうな

11 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:10:10.50 ID:XK1btCJe
盛田って脳の手術かなにかしたよね

因果か‥

20 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:13:19.95 ID:aneW5C15
解説者なりたての頃、投手誰だったか忘れたけど死球を故意と断言して物議を醸してたな

34 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:20:21.83 ID:CE3oKYUa
内角投げてもいいけど、構えた体のゾーンに投げたら選手がよけてもデッドボールというルールにすればいい

54 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:34:02.06 ID:QtcbnJNn
ボールに当りたくないならベースから離れれば良い
何の為にバッターボックスにスペースが有ると思ってるのよ

57 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:35:17.18 ID:k3/EZalX
>>54
ドッチボールじゃないからさw
打者は打ちたいんだよw
ルール理解してから出直そうねw

67 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:38:41.44 ID:QtcbnJNn
>>57
ピッチャーは打たれたくないから内角投げるんだよ
バッターの都合の良いように投げるわけないだろ

104 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 02:04:22.69 ID:+BPG7HX7
>>54
バースとか離れてたもんな

177 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 03:45:23.48 ID:fF0zVe/a
>>104
外人は離れて構えても外角球届くんですよ。
そしてインコースに来た球が位置的にはど真ん中になる。
だから手に負えなかった。

65 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:38:06.00 ID:OGNrQiLK
ベースに覆い被さるように構える奴にはぶつけても構わないかな

72 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:42:29.60 ID:mWrCUhpo
現実的にはルールとして塁一つ進むだけってのは軽すぎると思う

二個にしてみてください

75 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:43:20.74 ID:xqBGTghp
清原(笑)
清原って生まれる時代が10年遅かったな
10年早ければ大スターのまま終われた
かれは今の時代にそぐわない人物だわ

93 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 01:57:54.00 ID:swjjaNkj
>>1
これって前半は落合の昔のコメントで後半からは鷲田康って人の記事だな
前田江村の件を落合が言ったようなスレタイというかソースだな

99 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 02:00:51.29 ID:T+WlvB+Z
サッカーみたいに死球当てたらイエローカードにすればいいじゃん
累積で二枚溜まったら二週間出場停止

110 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 02:13:53.14 ID:+BPG7HX7
サッカーみたいに退場者を出したら8人でやるとかすればいい。

116 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 02:19:58.50 ID:+BPG7HX7
そもそも代打の神様みたいなポジションいらねぇだろ。
世界中でセリーグだけだぞ。

119 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 02:22:02.96 ID:YDUEZwIX
バッターはヘルメットとキャッチャーミット的なものをつけるルールにしたら即解決だろ
バカかよこのスポーツ

120 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 02:23:44.62 ID:T+WlvB+Z
>>119
ヘルメットは既に付けてるしキャッチャーミット付けたらバット握れないだろ
バカかよこいつ

128 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 02:29:07.89 ID:Rpxbhn/S
ピッチャーはコントロールが1番大事で
スピードなんて無くてもアウトが取れると桑田は言った
スピードは無いが内外に投げ分ると江村は言った
二人とも同じような事を言うけど全く重みが違う言葉だよね

216 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 07:11:39.49 ID:/DDis6o4
>>128
桑田なんてテキトーに言ってるだけ。
制球と球威が必要。どちらかでは無理。
抜群の制球より160キロ常時なげるほうが驚異。
チャップマンとかすごいもん

217 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 07:27:29.38 ID:2YZuSgJv
>>216
160キロと、145くらいでバツグンの制球なら多分後者の方が抑えるとおもわれ。
140切るときついな。

131 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 02:30:56.24 ID:yoR/Uz7J
ケロカスは心に刻んどけよw

136 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 02:36:40.61 ID:KKWKXaUm
落合はこれ以外にも激怒したぞ。

デニーが投げたボールが落合の背中の後ろを通過した時は
流石に激怒してたwww

144 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 02:48:06.92 ID:nl/lRH8h
清原は避けずに当たっても大丈夫なように肉体改造した
骨折しまくりで硬球の前には何の意味もなかった

156 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 03:06:20.00 ID:1n5NrE6f
危険球が2つもいったら駄目だろ。

172 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 03:33:45.50 ID:nl/lRH8h
頭の上とか背中通すのはさすがに駄目だと思う

186 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 04:04:26.10 ID:ot473N1f
ヘルメットにハリネズミみたいに細い棒をつけてそこに当たったら死球にしたらどうかな
頭部に投げにくくなると思う

201 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 05:17:14.84 ID:E8pQWr9u
避けるのも技術だし、打者なら誰でもできるわけじゃないからな
ルーキー時代の清原を指導した土井コーチは彼にこの技術を教えなかったことをずっと後悔していたらしい
それで、稼頭央や中島にはまず死球を避けることから叩き込んだそうだ

206 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 06:39:34.61 ID:8s69WCvp
やる気のない奴は日ハムに移籍したらいけません

210 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 06:44:58.58 ID:EchHGHj5
迷わず当てろよ当てればビビるさはヤクルトの伝統じゃないか

235 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 08:55:00.88 ID:VbAI1V9Y
じゃあ軟式ボールでやったらいいじゃん

252 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 09:51:08.21 ID:wMdCmd58
>>1
西武の首脳陣にも言ってやれよ

265 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 10:14:36.80 ID:untaJUyU
落合が言うのなら間違いない

268 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 10:19:33.08 ID:BprMNOzd
例え頭にぶつけて打者を殺してもチームが試合に勝てばよい! 何をしてでも勝てば良かろうなのだ!

269 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 10:19:41.31 ID:8rHh/4hb
東尾「オチの言う通りや」

274 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 10:28:43.84 ID:JCdwsRRM
こういうレベルの低い投手が増えると、
子どもたちが野球を怖がって、ますます野球をする子どもがいなくなるよな。

283 :名無しさん@恐縮です : 2013/04/28(日) 10:51:59.11 ID:ondCkF8N
次の登板でもスポーンと抜けた球があったからな
その時は右打者だから問題なかったが

コメント
コメントの投稿
Top
最新記事
アクセスランキング
月別アーカイブ
アンテナ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR