FC2ブログ

スポ根まとめ

<なぜ歴史的逆転負けを喫したのか?>日本代表の「直らない悪癖」と「致命的弱点」2006年と2014年のW杯でも逆転負け...

2018-07-06 11:02
1 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/05(木) 23:24:15.75 ID:CAP_USER
 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと激突し、2点を先行するも追いつかれ、後半アディショナルタイムに痛恨の逆転ゴールを許して2-3で敗れた。

 日本にとっては史上初のベスト8進出の夢が断たれた一方、W杯決勝トーナメントで2点差をひっくり返されたのは48年ぶりだったという。歴史に残る激闘のなかで、日本は“直らない悪癖”と“致命的弱点”の両方を露呈してしまった。

 W杯決勝トーナメントで2点差からの大逆転劇は、1970年大会で西ドイツ(当時)が延長戦の末にイングランドを破った試合(準々決勝/3-2)以来、48年ぶり。日本にとってはまさかの展開だった。

0-0で迎えた後半3分にMF原口元気の一撃で日本が先制すると、同7分にはMF乾貴士が強烈な無回転ミドルで追加点。ところが同24分にDFヤン・フェルトンゲン(トットナム)、同29分にMFマルアン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド)に被弾して追いつかれ、後半アディショナルタイムに高速カウンターからMFナセル・シャドリ(WBA)に決勝弾を叩き込まれた。

 後半24分からアディショナルタイムも含め、25分間で3失点を喫した日本。後半途中から相手に主導権を奪われ、延長も見え始めた最後に悪夢を見た。日本を混乱に陥れた要因が後半20分の2枚替えだ。194センチの長身MFフェライニと高い打開力を備えるMFシャドリを同時投入し、高さと突破力の両エッセンスを注入。すると日本は耐えきれずに連続失点を喫した。

 一気呵成に攻め立てたベルギーの圧力に屈した形の日本だが、W杯でこうした光景が見られるのは初めてではない。

つづく

2018年7月5日 19時1分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14968125/

2 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/05(木) 23:24:50.25 ID:CAP_USER
●2006年と2014年のW杯でも逆転負け ベルギー戦と共通するのは…

 2006年ドイツW杯グループリーグ初戦オーストラリア戦(1-3)ではMF中村俊輔のゴールで前半26分に先制。ところが後半8分に178センチながら空中戦に強いFWティム・ケーヒル、同16分に194センチのFWジョシュア・ケネディ、同30分に185センチのFWジョン・アロイージを続けて投入されると流れが傾く。相手が“高さ”と“フィジカル”で攻勢を強め、後半39分に日本の守備組織がついに決壊。同39分、同44分、そしてアディショナルタイムと9分間で悪夢の3失点を喫し、大逆転負けを喫した。

 さらに2014年ブラジルW杯グループリーグ初戦コートジボワール戦(1-2)でも、同様の現象がピッチ上で起きている。前半16分にMF本田圭佑の豪快な一撃で先制。日本の1点リードで迎えた後半17分、189センチの同国英雄FWディディエ・ドログバが投入されると流れが一変した。相手が2トップに変更し、シンプルに前線へボールを供給する戦術に切り替えると、同19分、同21分と2分間で2失点。結局、そのまま1-2で逆転負けを喫した。

 2006年W杯のオーストラリア戦、2014年W杯のコートジボワール戦に共通しているのは、相手が攻撃の比重を一気に高めた途端、それまで一定の強度を保っていた日本の守備ブロックが崩壊している点だ。個と組織の両面で対応が後手に回り、パワープレーに出た相手の力技で押し切られてしまう。さらに悪いことに、一度組織が崩れると、試合の中で立て直せないまま劣勢を強いられて連続失点。それは日本の悪癖とも言えるもので、ベルギー戦でも露呈している。

●選手や監督が感じたベルギーとの決定的な差――「どうしようもない高さ」「試合運び」

 また日本の致命的な弱点が、“高さ”と“フィジカル”で押し込まれた際の対応力不足だ。ベルギー戦ではDF吉田麻也や昌子源を中心に撥ね返し続けていたが、それでも途中出場のフェライニにヘディング弾を叩き込まれた。競り負けたのはMF長谷部誠だったが、ぐっと押し込まれたなかで194センチのフェライニを抑えるのは至難の業。相手にとって思惑通りの形でゴールを奪われており、これも流れを明け渡した一因と言える。

 ピッチ上の選手たちが臨機応変な対応で相手の気勢を挫き、例えばDF植田直通の投入で高さとフィジカル面の対応力を高めるなどの対応策もあったかもしれない。いずれも「たら・れば」にすぎないが、いずれにしても日本はW杯の舞台で悪癖と弱点を再び露呈した。これが“16強の壁”を打ち破れない一つの要因にもなっている。

 ベルギー戦に出場した選手、そして指揮官は実際に何を感じたのか。それぞれが“決定的な差”を肌身で体感したようだ。

「最後に力の差が出た。チームとして対抗はできていたけど、最後の個の部分だったり、どうしようもない高さの部分だったり……この(ベスト)16の壁を越えられない」(原口元気)

「試合の終わらせ方とか試合の運び方は、まだまだベルギーのような大国とはだいぶ差がある」(吉田)

「途中から出てきた選手、相当なフィジカルとスピードがあって、セットプレーも正直めちゃくちゃ怖かった」(長友佑都)

「最後の30分は、本気のベルギーに対抗できなかった」(西野朗監督)

「正直2-0になって自分たちもこのまま行けると思いましたけど、そこからの強さはテクニックだけじゃなく、フィジカルも含めて相手を押し込めなかった」(川島永嗣)

●選手も手応え、称賛に値した「日本らしいサッカー」 それだけに際立った悪癖と弱点

 ベルギーに敗れた日本だが、選手たちは一様に「日本が進むべき道を示せた」「日本らしいサッカーができた」と口にしている。16強の壁は越えられなかったが、今大会は未来につながる大きな財産として確かな手応えもあったようだ。

「今回はチームとして守備からまず入って、粘り強く戦っていくなかで自分たちのリズムを窺う。そういうものがチームとして統一されていた」(香川真司)

 日本は過去2回16強に進出した。2002年日韓大会ベルギー戦(0-1)、2010年南アフリカ大会パラグアイ戦(0-0/3PK5)はいずれも無得点に終わっているが、日本史上初めて決勝トーナメントでゴールを奪うなど攻撃的なサッカーを国際舞台で見せつけた。堅守をベースにしながらも、パスをつないで攻め手を探り、コンビネーションで打開を図る。FIFAランク61位の日本が同3位のベルギーをあと一歩のところまで追いつめた事実は称賛に値するものだ。それだけに直らない悪癖と弱点が際立つ内容となってしまった。

 8強進出の夢は2022年カタールW杯に託されることになった。4年後、悪癖と弱点の改善を図り、4度目の正直で16強の壁を打ち破る日本代表の勇姿が見られるだろうか。

4 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/05(木) 23:26:02.83 ID:cRgV5pMc
韓国と共に考えてみたい
両国の長所を生かす戦術がみたいよな

10 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/05(木) 23:28:05.57 ID:b1/OIVVu
>>4
韓国在日って日本サッカー界の敵

16 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/05(木) 23:30:19.63 ID:VsbR2APl
ラ、ラ、ライブドアがソースとかwww

155 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:32:37.82 ID:pq9jN4uc
>>16
ライブドアはニュースソース集めてるだけで元は違うよw

17 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/05(木) 23:30:40.45 ID:tkycohTk
川島のせいで10人対12人になってるところだろ

25 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/05(木) 23:34:35.98 ID:743CP1cN
考えが甘いから負けてもしゃーしゃーとしてる

これを変えるにはザルキーパーの切腹しかないと思う

35 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/05(木) 23:40:14.81 ID:RejsK/qf
>>1
治らないのはドーハ以降の後半ATでの「追いつかれ」「勝ち越され」。もう何回やらかしてるんだよ。

39 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/05(木) 23:42:08.71 ID:f8xII8F6
2点リードした時にドイツ戦やコンフェデのイタリア戦が頭をよぎった

62 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/05(木) 23:56:00.78 ID:5Su/IeLp
今回だけは2-0でリードしてたから足の速い浅野、永井、それこそ岡野みたいなのを前線においてカウンター狙えば勝てたけどな。
相手は追いつこうと攻めてくるから裏にスペースが出来るそこに走りこめる足の速い選手が居れば
後は引いて守ってそこにボールを蹴れば良いだけ。
それをしなかった、そういう選手(浅野)を連れて行かなかった西野が馬鹿なだけ。

74 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/05(木) 23:59:33.50 ID:/zOBs3lG
ベルギー戦を良かったって讃える風潮強いけどそれだけではおかしい。
残り30分で2-0になったんだから本来リードしたまま終わってないとダメな試合。
物凄く勿体ない事したんだよ。
決勝Tに本気で来ない相手なんていないし、
60分無失点で抑えてて残り30分は無理なんて事は絶対に無いよ。
ちゃんと何が問題だったかは考えないと。

77 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:02:27.32 ID:mPKsnXYs
守りフォーメーションと攻めフォーメーションの素早い切り替えが無い

87 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:10:09.37 ID:LHVw/A9R
まあ要するに、本田のエゴを放置して、好き勝手やらせたからダメなんだけどね。

89 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:11:44.35 ID:bliE46e/
協会の強化策の一貫性の無さが肝心な所で出ちゃうんでしょ。

91 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:12:39.79 ID:VJIqU4NB
通常でも日本は引いたら押し込まれて守りきれないんだから
終盤にデカい相手にパワープレーでこられたら引くほうが危険だわ
今回ハリル以降に前線からの守備を整備し直したからここまでやれたわけで必要なのは体力というかサブの質

108 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:19:54.86 ID:lCulFUPg
トルシエが日本には守りの文化がないと指摘していたが、結果をみるとその通りと言わざるをを得ないのが悔しい

118 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:22:24.47 ID:a9TUOCbX
怪我人の岡崎ではなく、浅野か小林悠みたいに前線で掻き回せる選手を一人入れておけば、あのまま逃げきれた

133 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:26:34.00 ID:xK6hxQDU
そもそもベルギーはパワープレーなんてしてない

135 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:27:32.97 ID:HNiGrPAA
世界戦出るなら、もっと体作らないと
それにまだ足を速くしないと相手の速さに追いつけない

143 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:29:20.35 ID:PAeIRDrG
キーパーの育成が一番の課題。バレーボールは高校の部活で競技を止める人が多いので、積極的にスカウティングした方がいいと感じる。
反射神経・跳躍力が川島より優秀な人材がゴロゴロいると思うがな

147 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:30:16.19 ID:AjNmy1aW
初戦からベルギー戦の2対2まで持ち込んだのは、本田と香川がなんとか自分だけ目立とう精神を抑え、チームプレーに努めていたから。
それが、最後のコーナーキックとその前のフリーキック(距離長すぎ)で、本田がヒーローを夢見てショートでなく直接狙ったからあの結末になった。

157 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:33:20.39 ID:qwqWG1RM
その弱点ってハリルが常日頃選手に求めてた事じゃねーか
ベスト8を目指すサッカーとしてあながち間違ってなかったってことだな

213 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:50:05.34 ID:xK6hxQDU
コロンビア戦の前半も左サイドが鼓舞の為なのか難しい事をしようとしてミスをして逆にリズムが悪くなった
狭い所で繋いでリズムを変えたいのか知らんけどミスになれば逆に悪化する

236 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:56:44.20 ID:9ylwsfvK
本田が目立ちがりだから負けたんだな

239 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:57:26.44 ID:+UIa9xtJ
守り方とか守備とかって言うより試合の終わらせ方とか逃げ方が下手くそなんだよ

246 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 00:58:50.54 ID:jhsimsGz
そら経験した選手も監督も違うからな
土壇場でまだ意識が共有されないんだろう

299 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 01:10:26.21 ID:PM/8Hjzv
1失点目がかなり不運だった
あんなのが入っちゃのっていう

394 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 01:39:40.35 ID:+UIa9xtJ
引き際が解らない
戦前から日本の組織は撤退線が下手くそ

402 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 01:41:44.93 ID:swXzRJA0
守る攻めるのメリハリが良くないんだよね
野球を見習うべき
今の日本は9回の裏に敗戦処理投手が出てくるようなもん

456 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 01:54:11.60 ID:55VQoUkx
リードして守りに入るとポールをすべて単純に前線に大きく蹴るとかライン外に蹴り出すとかばかり
けっきょく相手ボールになって攻撃されるの繰り返しくらって失点してしまう
もっと焦らないでボールキープしてつなげよと思う時間稼ぎにもなるのに
とくに長谷部がほんとビビりまくっての長すぎるロングパスが多かった

552 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 02:15:42.74 ID:QzH+kL5M
後から見ると本田のCKが不味かったようにみえるが
あの時はあと数分で勝てるという興奮状態だったから
カウンターもベルギーがきれいとも思わなかったな
やられた、負けた、とそれだけだった

559 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 02:18:00.54 ID:/uPr8X0u
日本ベスト8の壁
・PK
・48年ぶりの大逆転

なお韓国は早々にベスト4

589 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 02:26:53.75 ID:ahsZ/plk
フィジカルの弱さが根本原因だから、学習するも何もどうにもならんよ
異人種と交配して、室伏とか大坂なおみみたいのが、代表にバンバン入らないと

596 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 02:28:26.56 ID:ufHXjysn
フィジカルで勝てないからああいう戦術をとってんじゃねえか、たこ

794 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 03:23:47.48 ID:XJwAVLZE
おまえら川島大好きだな

812 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 03:27:23.28 ID:1iIcpMAC
敵国が日本で対策として真っ先に思い付くのはパワープレーであってそれだけ続けとけば勝手にバテてくれるしそのうちゴールも決まりそう
そうなるとやっぱりセンタリングに飛び出してキャッチしてくれるキーパーが日本には必要

963 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 04:01:20.31 ID:/umAkCxS
西野のせいだろ
大迫は怒ってたな
どうして2点を守るサッカーしなかったんだと

964 :名無しさん@恐縮です : 2018/07/06(金) 04:01:32.82 ID:O4YLBxM7
だいたい、本田が投入される前、実況板では、「アカン!ホンダは入れるな!」て書き込みが大量に発生したけど、ほんま、その懸念した通りになった
スポンサー的に絶対ホンダをピッチに入れる契約なんかも知れんけど、西野は突っぱねるべきやった
入れるなら植田やった

コメント
コメントの投稿
Top
最新記事
アクセスランキング
月別アーカイブ
アンテナ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR