スポ根まとめ

<ACL>浦和が怒涛のゴールラッシュで韓国王者にリベンジ達成! 駒井が移籍後初得点

2017-02-28 23:02
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/28(火) 21:23:48.60 ID:CAP_USER
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第2節が2月28日に行われ、浦和レッズ(日本)とFCソウル(韓国)が対戦した。

 2007年以来10年ぶりのアジア制覇を狙う浦和は、グループステージ初戦のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)戦で4−0の大勝。敵地で幸先のいいスタートを切った。しかし、25日に開幕した2017明治安田生命J1リーグ開幕戦の横浜F・マリノス戦で敗れてしまい、一抹の不安を残したままこの試合を迎えた。FCソウルは昨季のKリーグ王者で、2016年のACL決勝トーナメント1回戦でPK戦の末に敗れた因縁の相手でもある。

 試合は序盤からホームの浦和がカウンターを生かして攻め込む。8分、右サイドに抜け出した興梠慎三がエリア右横まで駆け上がりクロスを供給。ファーサイドに飛び込んだ武藤がヘディングシュートを決め、浦和が先制に成功する。続く11分、右サイドの関根がドリブルで中央へ切り込むと、エリア内中央でボールを受けた李忠成がワントラップから左足でゴール右に蹴り込みチームの2点目を挙げた。

 いきなり2ゴールを奪われたFCソウルは、14分に約30メートルの位置でFKを獲得。キッカーのパク・チュヨンが右足で狙うと、GK西川周作が反応しきれずにゴール左へ吸い込まれた。

 1点を返されたものの、浦和の攻撃姿勢は変わらない。15分、武藤からエリア内でパスを受けた関根がトラップから右足シュートを狙うと、うまくミートできなかったもののGKユ・ヒョンが後逸。痛恨のミスで追加点を献上してしまった。さらに21分、カウンターから李がドリブルで持ち上がり、エリア左へパスを送る。相手DFに当たったボールを宇賀神友弥がボレーシュートでゴール右に沈め、リードを3点に広げた。

 FCソウルは高いボール支配率を記録しているものの、なかなか得点できない。すると前半終了間際に再びリードが広がってしまう。45分、エリア内でパスを受けた駒井がゴール左にシュートを沈め、大量5点目を奪った。駒井にとっては移籍2年目で浦和での初ゴールとなった。このまま5−1でハーフタイムを迎える。

 大量リードを奪われたFCソウルは後半開始からマウリーニョをピッチに送り込んで反撃を目指す。後半に入ってもFCソウルがボールを保持し、浦和がカウンターからチャンスを伺う展開が続く。浦和は66分に興梠を下げてラファエル・シルバを投入。74分に長澤和輝、78分にズラタンを投入した。

 81分には長澤からパスを受けたラファエル・シルバが右足シュートを狙ったが、ここはGKユ・ヒョンが好セーブでなんとかしのいだ。後半アディショナルタイム2分には途中出場のダムヤノヴィッチが1点を返したが、このまま浦和が韓国王者のFCソウルを5−2で一蹴し、昨年のリベンジを果たした。

 グループステージ第3節は3月15日に行われ、浦和は敵地で上海上港と、FCソウルはホームでウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 5−2 FCソウル

【得点者】
1−0 9分 武藤雄樹(浦和)
2−0 11分 李忠成(浦和)
2−1 14分 パク・チュヨン(FCソウル)
3−1 15分 関根貴大(浦和)
4−1 21分 宇賀神友弥(浦和)
5−1 45分 駒井善成(浦和)
5−2 90+2分 ダムヤノヴィッチ(FCソウル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00557278-soccerk-socc

>>続きを読む

「金を返せ」 Jリーグ中継で2日連続視聴トラブル DAZNへの不満噴出

2017-02-28 21:02
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/28(火) 00:36:51.61 ID:CAP_USER
サッカーJ1からJ3まで全試合を今季から中継、有料配信するサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」で26日、この日開催されたJ1唯一の試合、G大阪―甲府(大阪・市立吹田スタジアム)が当初案内されたチャンネルで視聴できないトラブルがあった。

本格的に開幕した25日に続く混乱で、サポーターから不満の声が出ている。

JリーグはDAZNを提供する英国のパフォーム・グループと10年で約2100億円の巨額契約を締結。
新視聴形態で注目されるが、かねてインターネットは通信環境によって映像の状態が不安定になるなどの懸念がささやかれていた。

開幕した25日には一部の試合で約20分間も画面が止まったほか「プレー映像が途切れた」「画質が悪い」などと契約者から不満の声が出ていた。

この日のトラブルを受け一部サポーターが反発。各種情報サイトのコメント欄には「ライブ配信じゃなければ意味がない」「金を返してほしい」「契約不履行だ」などの声が書き込まれた。

第2節以降も視聴できないトラブルが続けば、DAZNだけでなく、導入を決めたJリーグへの不信感などを含め大きな波紋が広がりかねない。
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/656451/

>>続きを読む

J1開幕前夜、J1情報を全局合計で1秒しか報道せず…野球のキャンプ情報は計26分52秒(※J1には現・世界2位クラブが所属)

2017-02-28 20:09
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/28(火) 18:45:02.40 ID:CAP_USER
 2017年2月24日(金)、J1(Jリーグ)開幕前夜の主要キー6局のニュース番組(全8番組。スポーツ番組を1つ含む)のスポーツコーナーで、J1情報を報道した番組はNHKの「ニュースチェック11」のみ(※ただし、報道時間は1秒のみ。番組の最後に「J1は明日開幕」の一言だけで、映像も無し)で、他の7番組は全く報道しなかった。NHKは翌日にNHK総合で「鹿島×FC東京」、NHK-BS1で「清水×神戸」を放送する予定であったが、「NHKニュース7」も「ニュースウォッチ9」も「ニュースチェック11」もニュース内で、それらのチームに触れることはなく、第1節のカードや見所なども一切報道しなかった。

 参考までに、昨年、地上波のゴールデンタイムで放送されたJリーグのチームが出場した試合は計4試合で、平均視聴率はJリーグ・チャンピオンシップの第1戦「鹿島×浦和」(TBS)が7.3%、第2戦「浦和×鹿島」(NHK総合)が前半部9.9%、後半部11.7%、クラブW杯の準決勝「鹿島×アトレチコ・ナシオナル(コロンビア)」(日テレ)が11.7%、決勝「鹿島×レアル・マドリード(スペイン)」(日テレ)が26.8%であった。
Jリーグは昨年、一昨年と2年連続で総入場者数1000万人を突破。昨年のJ1、18クラブの平均観客数は1万7968人。昨年のJ1選手の平均年俸は約2170万円。
Jリーグは昨年、英パフォーム・グループと10年2100億円という巨額の放映権契約を締結。今年、J1で優勝したクラブには、総額22億円が支給される。
J1の鹿島アントラーズは昨年の12月にクラブW杯で準優勝したので現在、「世界2位のクラブ」ということになる。
(※世界30万1000クラブの中で2位。チーム内に代表選手が数人しかいない中での世界2位。)

 また、この日の主なスポーツの報道量は、
「野球のキャンプ(合宿)情報」は計26分52秒、
「冬季アジア大会情報」は計13分47秒、
「スーパーラグビー情報(開幕前夜)」は計5分27秒、
「J2・横浜FCの三浦知良=カズ情報(開幕2日前)」は計5分12秒、
「J1情報(開幕前夜)」は計1秒。
詳細は下記のソースを参照。(文:備長炭Z)

NHK「NHKニュース7」(★Jリーグのニュース自体を全く報道せず)
1分06秒 東京五輪・パラリンピック 聖火リレー 47都道府県回る
1分24秒 冬季アジア大会 カーリング男子・決勝 全勝の中国と対戦
http://video.fc2.com/content/20170225tUNzxVdP

NHK「ニュースウォッチ9」
1分20秒 冬季アジア大会 カーリング男子 「金」かけて中国と対戦
0分49秒 冬季アジア大会 フィギュアスケート 男子シングルSP 宇野昌磨
0分30秒 冬季アジア大会 バイアスロン 立崎幹人 男子12.5kmパシュートで「金」
0分39秒 冬季アジア大会 クロスカントリー女子20kmリレー 日本「金」
0分17秒 冬季アジア大会 キャスターらのコメント
(計3分35秒 冬季アジア大会)
1分13秒 ノルディックスキー世界選手権 複合 渡部暁斗が登場
2分09秒 野球 WBC日本代表合宿 投打で工夫
1分10秒 スーパーラグビー サンウルブズ 開幕戦は若手主体
1分13秒 サッカー 横浜FC・三浦知良(49) 50歳 J2開幕へ(★J1開幕には全く触れず)
1分01秒 野球 MLBキャンプ 田中将大、試合を想定 ダルビッシュ有、打者は絶賛も…
(計3分10秒 野球のキャンプ(合宿)情報)
http://video.fc2.com/content/20170225vRw6sNCy

NHK「ニュースチェック11」
0分07秒 冬季アジア大会 スポーツキャスターのコメント
1分08秒 冬季アジア大会 男子デュアルモーグル 決勝は19歳同士
1分12秒 冬季アジア大会 フィギュアスケート 男子シングルSP 日本の2人は
0分21秒 冬季アジア大会 今日までの日本のメダル数
(計2分48秒 冬季アジア大会)
1分39秒 ノルディックスキー世界選手権 複合 渡部暁斗が登場
0分54秒 野球 WBC日本代表 宮崎合宿2日目 打撃練習に工夫
0分32秒 スーパーラグビー サンウルブズ あす開幕戦
0分50秒 サッカー カズ あさって50歳 誕生日にJ2開幕戦(★J1開幕には全く触れず)
0分06秒 スポーツキャスターらのコメント
※上記の6秒間の主なコメント
 0分02秒 スポーツキャスター・大成安代「ここまでスポーツでした(1秒)。J1は明日開幕(1秒)」(★1秒間だけJ1開幕に触れる)
0分01秒 キャスター・有馬嘉男「週末、カズ祭りだね(1秒)」
http://video.fc2.com/content/20170226HufanyXe

(>>2 >>10あたりに続く)

>>続きを読む

監督解任のレスターがリーグ7戦ぶり勝利!リバプールを3-1で撃破 岡崎先発

2017-02-28 19:01
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/28(火) 07:33:35.86 ID:CAP_USER
Football ZONE web 2/28(火) 7:01配信

ヴァーディの2得点などにより、レスターがリバプールに快勝【写真:Getty Images】

ヴァーディが復活の2ゴール シェイクスピア暫定政権で連敗ストップ

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは、現地時間27日に本拠地でリバプールと対戦し、エースFWヴァーディの2ゴールなどで3-1と勝利を収めた。クラウディオ・ラニエリ前監督の解任後の初戦で、リーグ戦では2カ月ぶりの白星を挙げた。岡崎は2トップの一角で先発したが、得点には絡めず後半24分に途中交代した。

 シェイクスピア暫定監督の元で再スタートを切ったレスターは、前政権からお馴染みの4-4-2システムを採用。今冬に新加入したMFエンディディを除く10人が昨季の優勝メンバーと、大幅な変更はなかった。キングパワー・スタジアムのスタンドには「ありがとう、ラニエリ」と前指揮官への感謝を記したカードを掲げるファンの姿も多く見られた。ワンプレーごとに大声援が上がり、心機一転を図るチームを後押しした。

 大声援を力に変えたれスターは、序盤から攻勢を仕掛けた。岡崎とヴァーディに訪れたチャンスはいずれもGKミニョレの好守に阻まれたものの、同27分に均衡が破れる。センターサークルで相手のミスパスを拾ったMFオルブライトンがワンタッチで前線へスルーパスを送ると、抜け出したヴァーディが右足のシュートでミニョレの守るゴールを破った。リーグ戦では実に11試合ぶりとなるエースの一撃で流れを引き寄せた。

 同39分にはこぼれ球にいち早く反応したMFドリンクウォーターが、エリア外から目の覚めるようなダイレクトボレーをゴール右隅に叩き込んだ。GKが一歩も動けないスーパーゴールで追加点奪った。
65分にはラニエリ前監督を称えて拍手喝采
 後半に入ってもレスターの勢いは止まらず、後半15分にDFフクスのクロスをヴァーディがヘディングで合わせてリードを3点に広げた。

 スタジアムでは時計が65分(後半20分)をさしたところで、65歳のラニエリ前監督を称えるスタンディングオベーションが起こった。アウェーの雰囲気に完全に飲まれかけていたリバプールは同23分にMFコウチーニョが意地のゴールを決めたが、反撃は1点に終わった。

 岡崎は失点直後の同24分に、MFアマーティとの交代でベンチへ下がっている。

 2017年に入り、リーグ戦で無得点の状況が続いていたレスターだが、この日は強豪リバプール相手に3得点でリーグ7試合ぶりの勝利。昨年の大晦日に行われたウェストハム戦(1-0)以来となる勝利を本拠地のサポーターへ届けた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010000-soccermzw-socc

>>続きを読む

〈前園真聖が語る/日本代表〉「本田、長友は大丈夫だけど、香川は心配」

2017-02-28 18:08
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/28(火) 12:57:18.87 ID:CAP_USER
新たな転換期を迎えている日本サッカー界の2017年がいよいよ始動する。2月25日からJリーグが開幕し、1ヶ月後の3月24日からはW杯アジア最終予選が再開される。これからの日本サッカー界の展望を大きく左右する重要なシーズン、その象徴である日本代表について前園真聖氏に訊いた−−−−−

 現状のままでは、日本代表がW杯ロシア大会への出場権を手にできる確率はフィフティ・フィフティだと思っています。代表選手たちの置かれている状況が良ければ、自信を持って「100%」と言えますが、この冬の海外組の移籍を見ると、まだ言い切れませんね。

 日本代表はW杯アジア最終予選初戦でUAE戦に1対2で敗れたことから、最終予選の前半5試合は苦しい戦いが続きました。W杯最終予選の5戦目でサウジアラビア戦に2対1で勝利したことで、勝ち点で首位に並ぶグループ2位で前半戦を終えることはできましたが、海外組のパフォーマンスにバラつきがあったことが苦しんだ要因でした。

 アジア各国のレベルは確実に向上していて、以前のように簡単に勝てなくなっているのは事実です。ただ、これには日本代表に以前よりも海外でプレーする選手が増えたことも関係しています。

レベルの高い海外リーグでプレーする選手が増えたから、簡単にアジアを勝ち抜けると思われがちですが、実際には国内組が多いアジアのライバルは代表合宿を頻繁に組んで強化できるのに対し、日本代表は海外組が多いので、そうした時間が作れない。そのため日本代表は、選手個々の出来不出来が試合結果に大きく影響するようになりました。

 2016年は海外組の選手たちの多くが、所属するクラブでポジションを奪えず、リーグ戦で試合に出場できない状況にありました。大迫勇也、原口元気、吉田麻也、乾貴士(ハリルJでは未招集)、2017年になってからはケガから復帰した武藤嘉紀が、コンスタントに試合出場していますが、それ以外の選手たちはクラブで出番が得られない。その結果としてコンディションが整わず、日本代表に招集されても本来のパフォーマンスが発揮できない悪循環に陥りました。

 クラブで試合に出ていなくても、代表で最大限パフォーマンスを発揮できれば問題はありません。しかし、僕も経験があるのですが、練習でどれだけ厳しいトレーニングをして追い込んでも、フィジカルや試合勘が実戦ではなかなかフィットしません。クラブで試合に出ている選手はコンディションがいいので、代表でも実力を発揮しやすく、クラブで信頼されてプレーできている自信を持って代表戦でもプレーできている。もちろん、このことは日本代表の選手たちも十分に理解しています。そのため清武弘嗣は、Jリーグの今シーズンからセレッソ大阪に復帰を決めました。

つづく

webスポルティーバ 2/28(火) 12:39配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010003-sportiva-socc&p=1

>>続きを読む

<江本孟紀>WBC一色となりつつある球界と世間の風潮に「世界だ、世界だと合唱しているね。WBCのどこが世界大会だよ」

2017-02-28 17:01
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/28(火) 13:18:18.20 ID:CAP_USER
 サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏(69)が、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)一色となりつつあるプロ球界と世間の風潮に、ビシッとくぎを刺した。^「安易に『世界大会』を標榜(ひょうぼう)するなら、メジャーリーグのワールドシリーズから『ワールド』の冠を外せ」。独特の切り口とともに、週刊エモト再開です。 (構成=内井義隆)

 ――WBC開幕まで1週間です

 「相変わらず、騒がしい。『世界だ、世界だ』と合唱しているね。困ったものよ」

 ――春季キャンプとオープン戦、そっちのけの感もあります

 「最低でも、同じレベルにある50カ国・地域くらいで争うのが、世界大会じゃないのかね。参加チームは少ない上に、4カ国中、2チームが1次リーグ突破。どこが世界大会だよ」

 ――サッカーのW杯とは大きく違います

 「野球にはそれ以前に『ワールドシリーズ』があることを、忘れていないか?」

 ――伝統のシリーズです

 「メジャーリーグには各国から、トップ選手が集まってくる。その中でチャンピオンチームを決めるから、ワールドシリーズと銘打っているわけだ」

 ――はい

 「アメリカがWBCに乗り気でないのは、それがあるから。メジャーのシーズンと、ワールドシリーズという目標の方が大事なんだ」

――そうですね

 「その路線上に立って、毎年秋に、例えばまず日本と韓国の王者チームが争い、その勝者がメジャーの王者と激突する。その方がスッキリするだろ」

 ――季節的な不平等もありません

 「国の代表といっても、日本だってメジャーリーガーは青木だけじゃないか。どうしても、WBCを『世界大会』と標榜したいのなら、ワールドシリーズから『ワールド』の冠を外してもらえよ。代表選手が一堂に会すような大会にしろよ。それならまだ、分かる」

 ――なるほど

 「今の仕組みの中では、負けたときの言い訳も、想像にかたくない。『時期が悪い』『メンバーがそろわなかった』。結局はそこに行き着く」

 ――そうなるでしょうね

 「それで済まされるようになると、ますます『世界大会』という意味もなくなる。一過性で浮かれてばかりいないで、しっかり現実を見ないといかんのだよ」^

サンスポ2017.2.28 08:00
http://www.sanspo.com/baseball/news/20170228/wbc17022808000001-n1.html

http://www.sanspo.com/baseball/images/20170228/wbc17022808000001-m1.jpg

>>続きを読む

〈DAZN〉CLなど各競技の放映権獲得にも意欲!「我々は非常に多くの資金を持っている」Jリーグに「4~6年のうちに再投資」

2017-02-28 11:14
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/28(火) 09:07:28.19 ID:CAP_USER
 今シーズンからJリーグの全試合放映権を獲得した「DAZN」は、J1とJ2開幕節となった25日、26日に2日連続で配信に不具合が出るアクシデントが起きた。同社のジェームズ・ラシュトンCEOは公式サイトでお詫び文を掲載した一方で、独メディア「ヨーロッパオンラインマガジン」のインタビューで今後への自信を語っている。

 英国を本拠とする「DAZN」は日本だけでなく各国への進出を目論んでおり、ドイツもその筆頭格として放映権市場に殴り込みをかけている。

 ラシュトンCEOはなぜ日本とドイツを選んだのかとの質問に対して「人口の多さ、ネットワーク状況などマクロ経済的な要素です。どちらの市場も有料テレビ局が大きく支配しているが、市場の独占度は決して高いわけではない。それによって望んでいるコンテンツを見られない多くのスポーツファンがいます」と、ネットでの映像配信事業がビジネスチャンスであると見ているようだ。

 同CEOはUEFAチャンピオンズリーグなど各競技の放映権獲得にも意欲を見せているなかで、Jリーグの独占配信についても触れている。10年間で約2100億円もの契約金を結んだことへの懸念に対しても「絶対に心配ありません。我々は非常に多くの資金を持っている」と話しつつ、こう答えている。

■Jリーグについて「4~6年のうちに再投資」

「日本のJリーグの放映権獲得について、数年間で回収できるか? それは目標ではないです。大切なのはDAZNにとってこの魅力あるリーグが注目を集めていることです。我々はサービスがどれだけ優れているか証明することができます。4~6年のうちには商品や放映権に再投資することに自信を持っています」

 とはいえ26日のガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府はキックオフから放映できず、Jリーグが公式YouTubeチャンネルでフルマッチの試合映像を配信するドタバタぶりとなった。同CEOは公式ホームページで「昨日、Jリーグのライブ配信において重大な問題が発生しました。視聴することができなかった全てのファン・サポーターに心よりお詫び申し上げます」とのコメントを残している。

 ネット回線での映像配信はまだ課題山積であることを示した2日間を経て、DAZNの改善は進んでいくのかに注目が集まる。

Football ZONE web 2/28(火) 8:30配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00010002-soccermzw-socc

>>続きを読む

<里崎智也>WBCのアメリカ本気じゃない説に思う/「本気を出して1度でも優勝してみろ」と言いたい!

2017-02-28 08:12
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/28(火) 00:53:55.82 ID:CAP_USER
 WBCの1次ラウンドがまもなく開幕する。2006年の第1回大会で侍ジャパンが世界一になった後“アメリカは本気じゃなかった説”を耳にした。私を含め日の丸をつけて必死に戦った選手は、その話を聞いてどう思ったか。悔しかったのは私だけじゃないだろう。

 同大会で指揮を執った王監督は「選手の辞退はどこの国でもある。最終的に選ばれたメンバーが日本代表だ」と選手を鼓舞してくれた。もちろん今回の日本ハム大谷のようにけがで参加を見送るケースもあるが、出場できない選手のことを言及するのはナンセンス。グラウンドで日の丸を背負って一生懸命プレーする選手に失礼だと思う。

 野球の本場アメリカで星条旗に忠誠を誓った選手が勝負事で本気じゃないことがあるだろうか。先日、第1回WBC2次ラウンドの日米決戦で“世紀の誤審”を演じたボブ・デービッドソン審判員が引退した。当時三塁コーチを務めた西武辻発彦監督が同氏の引退に「死ぬまで忘れない」と発言したが、あの光景は当時の代表は誰しも忘れないだろう。ベンチでガッツポーズをしていた米国監督、勝利したベンチの盛り上がりはハンパなかった。「本気」で勝負した選手の歓喜としか思えなかった。

 プエルトリコなどはオリンピック、WBCなど国外に向けて国をアピールできるイベントはそう多くないので力を入れているという話を関係者から聞いたことがある。アメリカの本気じゃない説は、決勝ラウンドを米国内で開催しているにもかかわらず、世界一になっていないから人気が出ない。プエルトリコのようにWBCで国の威信を懸けてくる国も存在する。野球の本場アメリカが本気でなければ、参加国に失礼だろう。

 米メジャーでは、スプリングキャンプに当たる3月にWBCが開催されるため、選手の体ができていないとか、選手にとっては、あまりお金にならないと言われる大会で、けがをしてはシーズンを棒に振るとか、いろんな事情が渦巻く。

 基本は4年に1度の大会で、開催時期は事前に知らされている。不本意なけがは除き、大会に向けて体を仕上げることができない選手はプロではない。成り立ちを振り返ると、開催時期はMLB機構と同選手会で決めたと思う。日本の選手会は最初、開催時期に反対していたほどだった。日本は参戦すると決まった後、選手がきっちり大会に合わせていった。

 06年に出場した米国代表の選考基準となった前年成績を見ると「本気」だったことが分かる。M・ヤング、ジーターで1、2番。ケングリフィーJr.、Aロッド、チッパー・ジョーンズ、デレク・リーの3~6番(4人)で150発、投手陣もクレメンス、ピービ、22勝のウィリスと投打に隙のない「ドリームチーム」だった。しかし結果は残念ながら2次ラウンド敗退だった。アメリカが本気じゃない説は負け惜しみだったのだろう。

 WBCは4回目だがアメリカは09年の4強が最高位。米メディアも決勝まで残らないのだから積極的に報道しようとするはずがない。米国民も強くないアメリカを見たいはずもなく、大会が浸透するはずもない。

 野球と球技が異なるサッカーW杯を見ると、第1回(1930年)ウルグアイ大会は13カ国で始まった。84年後の2014年ブラジル大会には本戦こそ32カ国だが、予選参加国は200カ国を超えた。大会が根付くまでには時間がかかるのだ。

 WBCも第1回大会の参加は本戦出場の16カ国だったが、現在は予選を含めるとパキスタンなど32カ国が参加し底辺は徐々に広がりつつある。第1回(2006年)から11年で参加国が倍増している事実は評価できると思う。

つづく

日刊スポーツ 2017年2月27日11時1分]
http://www.nikkansports.com/m/baseball/column/satozaki/news/1784690_m.html?mode=all

【野球】<侍ジャパン>強化合宿“大谷ロス”寂しいスタンドに関係者嘆き 09年6日間で24万人超 13年5日間で8万5129人©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488208782/

>>続きを読む

大仁田、船木誠勝に勝利 毒霧、電流爆破バットからのピンフォール勝ち

2017-02-27 22:07
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/27(月) 00:21:07.21 ID:CAP_USER
「新生ZERO1・超花火 ドリームシリーズ 破壊の陣」が26日、東京・八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で開催され、メインイベントで、FMW軍・大仁田厚(59)とUWF軍・船木誠勝(47)の大将戦が行われた。この試合は、大仁田が創設した爆破王選手権として行われたが、昨年7月24日の大阪大会で、船木が勝利しており、“爆破王”船木に大仁田が挑戦するリターンマッチとなった。

 試合開始直後に大仁田が赤い毒霧を船木に噴き付け、船木の顔面が真っ赤に染まった。場外乱闘を経て、大仁田が凶器のイスを準備すると、船木はそれを奪って反撃。さらにルール上許される有刺鉄線電流爆破バットを用意し、大仁田に一撃。爆破させ、自らも火花も受けたが、爆破王として、すっかり慣れたようだ。

 さらにキックからアキレス腱固め、チキンウイングアームロック、脇固めとUWFのサブミッションで追い込む。
大仁田はタップしたかに見えたが、これはFMW流のオーバージェスチャーで無効。ローキックを10発以上ぶち込み、ミドルキックで、大仁田の右腕を破壊すると、とどめのハイキック。しかしこれがかわされ、トップロープにからまった。
そこへ大仁田がバックドロップ、毒霧、そして電流爆破バットを背中にたたき込み、
3カウントのピンフォール(10分10秒、体固め)。王座奪回に成功した。

 すぐにリングを後にした船木だったが、リング上でアピールしていた大仁田をTARUが襲撃すると、船木はリングに戻り、TARUを返り討ち。大仁田と抱き合って、大仁田の手を挙げ、敗北を認めた。
大仁田は「こんなことを大仁田厚、40年やってます。俺が、俺が、俺が、爆破王じゃー!」と絶叫した。

 昨年からスタートしたFMW軍対UWF軍の抗争は、大仁田の勝利で決着がついた。賛否両論はあるが、船木がUWFの名を背負って、旧UWFの誰もが無視したかったはずの大仁田に付き合ってみせた、という歴史は残った。(酒井 隆之)

スポーツ報知 2/26(日) 17:18配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000142-sph-spo
画像
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170226-00000142-sph-000-2-view.jpg

>>続きを読む

筒香「野球ばかり考えると野球バカになる。政治の事など考えるようにしている」

2017-02-27 21:13
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/27(月) 01:49:54.91 ID:CAP_USER
WBC日本代表の4番を務めるDeNA・筒香嘉智外野手(25)が26日に放送された
TBS系「情熱大陸」に出演し、実は『キレイ好き』であることなど、グラウンドでは見せない素顔を明かした。

番組は、日本を代表するスラッガーとなった筒香の日常に密着。チームメートの乙坂らとの外食の席では、嫌いな食べ物として「セロリ、パクチー…」などとクセの強い食材をあげつつ「クセのある人も嫌いです(笑)」と周囲を笑わせた。

食後には、テーブルの上に散らかった食器をひとつひとつ重ねるという几帳面な姿も披露。
「僕は絶対片付けます」と、豪快な打撃からは想像しにくい細やかな一面も垣間見せた。

自身の部屋も基本的にはキッチリと片付けているという。
筒香は「部屋が汚い人って、心が乱れている感じがする。僕も『心の重心』が浮いてくると部屋が乱れる」と、部屋が片付いているかどうかを精神状態のバロメータに例えた。

日本を代表するプロ野球選手だけに、当然ながら野球中心の生活を送っている。
それでも「野球ばかりだと野球バカになってしまう。政治のこととか、今、日本がどうなっているかなどを考えるようにしている」と、広い視野を持つように努力していることも明かした。

https://www.daily.co.jp/baseball/2017/02/26/0009950897.shtml
https://daily.c.yimg.jp/baseball/2017/02/26/Images/d_09950898.jpg

>>続きを読む

<カズが語る「アンチ論」>「アンチがいないのは、あまり良くない。本当の人気者はアンチがつきもの」

2017-02-27 20:13
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/27(月) 14:41:14.07 ID:CAP_USER
「本当の人気者にはアンチがつきものですから」―三浦知良

 13年ぶりのロングインタビューで、カズは38歳になっていた。翌年まで契約が残っていたが「もう次(の更新)はないでしょう」と、笑って別れた。さすがに50歳でピッチに立つ自分は、まったく予想できていなかった。

 最初にインタビューをした25歳の頃は、時代の寵児だった。日本代表でもJリーグでも、重要な試合でゴールが欲しい時には必ずカズが躍動した。ただし派手にブームを牽引した分だけ、旧来の求道型スポーツに慣れ親しんだ人たちは嫌悪感を示した。

 一方で大きな期待を背負ってきただけに、結果が伴わなくなると多くのファンが態度を変えた。1998年フランスワールドカップ予選では、故障の影響もあり、精彩を欠くようになると、アンチが急増した。

 ところが暫くして、ワールドカップ出場を逃す大きな挫折を経ても、真摯にサッカーと向き合い続けるカズは、再び尊敬を集めるようになる。そして38歳当時は、誰もが無条件に温かい声援を送るようになるのだ。

「同性のファンが増えましたよね。僕より年齢が上の人たちは、自分の人生をボクのサッカー人生に重ね合わせて見ているようで、ちょっとディープな感じ。一方でボクより年下の20歳代の人たちは、小中学生の頃にJリーグが開幕したので、ヒーローだった。神を見るような視線を感じることもあります」

 全方位から愛されるようになったカズは、しかしその人気を冷静に見ていた。

カズの“アンチ論”、「みんなに好かれたらトップを張っていけない」

「嫌われるのは、期待の大きさの裏返し。でもこうして支持されているというのは、ボクがやって来たことが間違っていなかったということだと思います。ボクにゴールがないことは批判出来ても、ボクがサッカーを極めようとしていることは誰も批判できませんから」

 そう言って「でも」と続けるのだ。

「アンチがいないのは、あまり良くない。本当の人気者はアンチがつきものですから。みんなに好かれてしまったらトップを張っていけない。だけどそれも超越すると、アンチもいなくなるのかな……」

 カズより8歳上のボクは、50歳でプロのピッチに立つことの凄さを想像してみる。10歳代、20歳代の連中が、50歳代の衰えを気遣うことはない。いざとなったらスピードで勝てるとタカを括って、平然とボールをさらしてくる。それでも草サッカーの現場なら、多少の気配りや手加減があるが、プロとなるとそうはいかない。

 たぶん50歳のカズは、瞬発力勝負をしたら5メートル勝負でも置き去りにされるはずだ。この猛烈なハンディの中でゴールを奪う。それは実体験と照らし合わせても、奇跡と呼ぶしかない。尊敬を集めるのは必然なのだと思う。

加部究●文 text by Kiwamu Kabe

◇加部 究(かべ・きわむ)
1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』 (ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

THE ANSWER 2/27(月) 14:31配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170227-00010002-theanswer-socc

>>続きを読む

<FC東京>サンフレッチェ広島FWピーター・ウタカ(ナイジェリア)を獲得!昨季J1得点王

2017-02-27 19:13
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/27(月) 08:26:27.22 ID:CAP_USER
FC東京が、昨季J1得点王の広島FWピーター・ウタカ(33)を獲得することが26日、決定的となった。複数の関係者によると、清水から保有権が移った広島から1年間の期限付き移籍になるという。近日中にもメディカルチェックを受け、近く正式発表される。

 今季はFW大久保嘉人、FW永井謙佑、MF高萩洋次郎、DF太田宏介、GK林彰洋ら日本代表経験者がずらりと並ぶ大型移籍を次々と成立させてきた。そしてラストピースとして、神戸FWレアンドロとともに昨季19得点を挙げて得点王を分け合ったストライカーを獲得する。

デイリースポーツ 2/27(月) 6:03配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000021-dal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170226-00000312-sph-000-view.jpg

>>続きを読む

<本田圭佑>米シアトルで“待望論”が浮上!地元紙「本田は日本サッカー界のイチロー」と高評価 3月3日後に移籍の可能性

2017-02-27 18:08
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/27(月) 12:38:33.08 ID:CAP_USER
■本田はW杯でプレーしたい。ベンチに座り続けていたら…」とシアトル地元紙が指摘

ACミランの日本代表FW本田圭佑は2017年に入ってからリーグ戦出番ゼロという戦力外状態で、
米メジャーリーグサッカーのシアトル・サウンダース電撃移籍も浮上しているなか、地元シアトルでは本田待望論も浮上している。

かつてMLBシアトル・マリナーズで伝説的な活躍を見せたマーリンズのイチロー外野手になぞらえて、「日本サッカー界のイチロー」という高評価を与える米メディアも登場している。地元紙「シアトル・タイムズ」が報じた。

アメディアは本田のシアトル移籍を秒読み段階と報じたが、アドリアーノ・ガリアーニCEOが否定したことで消滅したかに見えた。
サウンダースのガレス・ラガーウェイGMは本田獲得について「他のクラブと契約中の選手についての話題はしないことがチームのポリシー」と明言を避けたというが、記事によると本田陣営からの移籍の興味がある一方、サウンダースは本田獲得を進めているという。

本田の米国上陸には2018年ロシアワールドカップ(W杯)出場への執念だという。
「本田は来年のワールドカップでプレーしたい。数週間イタリアのチームで行われているようにベンチに座り続けていたら、それも叶わないだろう」と、記事ではパンキナーロ(ベンチ要員)と呼ばれる本田の現状では、W杯に出場できないと指摘している。

■本田が「サッカー版イチロー」と呼ばれる理由
 
MLSの移籍市場はまだオープンしている。ミランは中国人グループ「シノ・ヨーロッパグループ」への身売り交渉の完了予定の3月3日後に、本田移籍が新オーナーによって、許可される可能性があるという。

そして、本田の移籍は待望されているようだ。「これはエキサイティングか。もちろんだ。本田は日本サッカーにとって、野球におけるイチローのようなものだ」と、マリナーズ時代のイチローを取材したという記者はこう記している。

イチローはオリックスから2001年に移籍し、野手として日本人初のメジャーリーガーとして大活躍した。新人王とMVP、首位打者、盗塁王、ゴールドグラブ賞などを同時受賞した。
シアトルでは10年連続の200本安打を放つなど金字塔を打ち立てている。

昨季からリーグ通算1得点3アシストという成績の本田だが、サッカー版イチローと呼ばれるのは実力以外の部分のようだ。
「セーフコ・フィールドでマリナーズの記者席を日本のメディアが埋め尽くしたかのように、センチュリーリンク・フィールドのサッカー戦での記者席にも集結することを楽しみにしている」と言及。
国際戦略を進めるサウンダースにとって、日本メディアの注目度こそがイチローとの共通点だという。

■「本田がキャリア全盛期であるわけがない」

「言うまでもなく、(本田の加入は)昨季のMLSカップ優勝を再現しようとしているサウンダースにリーグ屈指の攻撃陣をもたらす。
イチローがシアトルに登場した時のように、本田がキャリアの全盛期であるわけがない。本田はすでに有名とはなっているものの、イチローはシアトルで殿堂入りのキャリアを送ったのだ」

ピッチ上でイチロー級の活躍は地元メディアに期待されていないが、本田は新天地にシアトルを選ぶのだろうか。

Football ZONE web 2/27(月) 11:49配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170227-00010007-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_sigghT6tWTgT_DgNWDirgWNfQQ---x900-y770-q90/amd/20170227-00010007-soccermzw-000-view.jpg

メジャーリーグサッカー
http://www.mlssoccer.com/

シアトル・タイムズ
http://www.seattletimes.com/sports/sounders/

>>続きを読む

<DAZN>Jリーグ開幕節の視聴不具合を謝罪!原因はスケジューリングシステムの構築誤差

2017-02-27 17:03
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/27(月) 13:44:43.45 ID:CAP_USER
DAZN(ダ・ゾーン)は27日、26日に発生したライブ配信の視聴不具合に関して謝罪した。

 今季から明治安田生命Jリーグの全試合(J1、J2、J3)をライブ配信することとなったDAZN。しかし26日に行われた2017明治安田生命J2リーグ第1節、愛媛FCとツエーゲン金沢の一戦と、2017明治安田生命J1リーグ第1節、ガンバ大阪とヴァンフォーレ甲府の計2試合が生視聴できない状態となった。さらに22時50分からは、J2全試合の見逃し配信が視聴できない状態であることが発覚したという。

 DAZNはこの原因について以下のように説明した。

「配信映像へ方式変換するプラットフォームにあるスケジューリングシステムの構築誤差が起因したと予測されます。DAZNプラットフォームにて障害の対処を試みるも非常に稀な事象であったため即時復旧に至らず時間を要してしまいました。尚、中継制作による障害ではありません」

 その上で、DAZNのCEOを務めるジェームズ・ラシュトン氏は、「昨日、Jリーグのライブ配信において重大な問題が発生しました。視聴することができなかった全てのファン・サポーターに心よりお詫び申し上げます。本来我々がJリーグを愛する皆さまに届けたかったものとは異なった結果になったことで、ファン・サポーターの皆さまに大変不快な思いをさせてしまったことは、私にとっても受け入れがたいことであります。まずは、原因の徹底究明と今後の改善に全力を尽くすことで、今後このような事態が起こらないように取り組んでまいります」と謝罪した。

 なお、今回の不具合に関する視聴者対応については、「決まり次第、改めてご連絡させていただきます」としている。

SOCCER KING 2/27(月) 13:22配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00556700-soccerk-socc

【サッカー】<DAZN>中継トラブル。Jリーグ声明発表!原因は「現在、調査中」YouTubeで異例のフルマッチ映像配信 リリース配信予定★3
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488152477/

>>続きを読む

<日本スポーツ振興センター>toto結果を発表!BIGは1等6億円誕生せず、次回繰越金は約43億円に

2017-02-27 11:12
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/26(日) 23:19:05.02 ID:CAP_USER
 サッカーくじを運営する日本スポーツ振興センターは26日、スポーツ振興くじの第910回toto、BIGの結果を発表した。

 Jリーグの開幕戦が対象となった今回のBIGでは1等6億円は誕生せず、次回への繰越金は43億2401万6730円。2等は163万1961円で36口出たと発表した。

 totoの1等も誕生せず、次回への繰越金は5598万9010円。2等119万9732円は10口となっている。

SOCCER KING 2/26(日) 20:02配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00556456-soccerk-socc

サッカーくじtoto 運営/日本スポーツ振興センター
http://sp.toto-dream.com

>>続きを読む

吉田先発フル サウサンプトン、0-2から追いつくもイブラ弾に屈す

2017-02-27 08:11
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/27(月) 03:24:32.89 ID:CAP_USER
リーグ杯決勝 2/26(日)25:30 ウェンブリー

マンチェスター・ユナイテッド 3-2 サウザンプトン

1-0 ズラタン・イブラヒモビッチ(前半19分)
2-0 ジェシー・リンガード(前半38分)
2-1 マノロ・ガッビアディーニ(前半46分)
2-2 マノロ・ガッビアディーニ(後半3分)
3-2 ズラタン・イブラヒモビッチ(後半42分)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11037312

>>続きを読む

天才と呼ばれた元Jリーガー、JFLで奮闘 愛知

2017-02-27 01:08
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/26(日) 17:31:39.46 ID:CAP_USER
かつて「天才」と呼ばれたサッカー選手がJFL「FCマルヤス岡崎」にいる。元Jリーガーの佐野裕哉。J1から地域リーグまでを渡り歩いた34歳は、かつてのプライドを脱ぎ捨て、岡崎でボールを追い続けている。

 1月下旬、愛知県豊田市の柳川瀬公園サッカー場。紅白戦に出場した佐野は、柔らかいボールタッチで攻撃にリズムを与えていた。大江基允(もとまさ)監督(40)は「最年長だけど、(練習にも)早く来て楽しそうにボールを蹴っている。経験豊富なフットボーラーであり、サッカー小僧」と笑う。

http://www.asahi.com/articles/ASK1V4VGTK1VOBJB00D.html

>>続きを読む

<DAZN>中継でトラブル..Jリーグは謝罪し、緊急の対応策も含めて声明を発表!YouTubeで異例のフルマッチ映像配信

2017-02-27 00:13
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/26(日) 21:59:39.94 ID:CAP_USER
2017シーズンから「DAZN」(ダ・ゾーン)がJリーグの全試合をライブ中継するなか、26日のJ1リーグ開幕戦ガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府でキックオフから配信されない事態が発生。DAZN公式ツイッターのアカウントには視聴者から批判の声が殺到し、「DAZN」公式サイトやJリーグ公式サイトでお詫び文が掲載されるなど混乱を招いた。

 この日唯一のJ1開催となるG大阪対甲府戦は、キックオフ予定時刻の17時になってもDAZNから映像が一向に配信されず、視聴者の間で困惑が広がっていた。

そうしたなか、Jリーグ公式ツイッターでは、「G大阪vs甲府のDAZNでの配信に問題が発生しております。現在、DAZNの『V・プレミアリーグ男子 ファイナル6:東レ vs ジェイテクト』の項目で配信をしております」と対応策をツイート。

一方、DAZN側でも「G大阪vs甲府のライブ配信に問題の解決に向けて、引き続き復旧作業を続けております」(原文ママ)として、別サイトでの無料配信を行っていた。

 こうした事態を受けて、Jリーグの公式YouTubeチャンネルでは、G大阪対甲府の試合終了後、フルマッチ映像を「公式試合映像(前半)」「公式試合映像(後半)」に分割して無料配信に踏み切っている。

Jリーグ公式サイトでは、「本日のG大阪vs甲府におけるDAZNでの配信に問題が発生いたしました。ご不便とご迷惑をお掛けいたしましたことを心より深くお詫び申し上げます。現在、Jリーグ公式YouTubeチャンネルにてフルマッチの試合映像をご視聴いただけます」と謝罪し、緊急の対応策も含めて声明を発表した。

 通常、Jリーグ側が当日のフルマッチ映像を配信することはなく、25日から2日続けてDAZN中継にトラブルが起きたなか、すぐさま対応策を打つ形となった。

Football ZONE web 2/26(日) 20:52配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170226-00010019-soccermzw-socc

Jリーグ公式サイト
http://www.jleague.jp/sp/

本日開催した試合におけるDAZNでの配信に問題が発生しました。ご不便とご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

現在、G大阪vs甲府の試合についてはJリーグ公式YouTubeチャンネルにてフルマッチの試合映像をご視聴いただけます。

■ガンバ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府

前半
https://youtu.be/qcv17VfGDhA

後半
https://youtu.be/wzrRjVbtxF8

【サッカー】<DAZN>珍トラブル発生!視聴できないG大阪対甲府が、Vリーグの項目に合わせると、視聴できる状態に...
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488103881/

【サッカー】<J1/第1節>G大阪、後半ATに起死回生...今野が同点ヘッド!!甲府と土壇場ドロー
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488103193/

>>続きを読む

<アメリカが勝たないとWBCが終わる!?>新聞記者「ファンの関心は、ほとんどないね(笑)。それはメディアもそう」

2017-02-26 23:12
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/26(日) 00:35:00.95 ID:CAP_USER
 フロリダでメジャーリーグのスプリング・トレーニングの取材をしている。

 2月下旬といえば、選手たちはエンジンをようやくかけ始めたといったところ。取材が終わり、夕方にショッピングモールに行くと、選手が家族と一緒にリラックスしている場面に遭遇したりする。なかなかよい光景である。

 ところが同じ2月とはいっても、日本では様相が違ってくる。アメリカから日本のニュースサイトを見ていると、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕を間近に控え、「侍ジャパン」のニュースがどんどん流れている。メンバーが集合し、宮崎で強化合宿に入ったという報道。まったくもって、シリアス。刻一刻と、大事な大会が近づいている感じが伝わってくる。

 いまだのんびりムードが漂うアメリカで、WBCについては、どう受け止められているだろうか? ニューヨークの新聞記者は、こう話す。

「ファンの関心は、ほとんどないね(笑)。それはメディアもそう。だってアメリカは、キャンプ地からも近いマイアミで1次ラウンドの試合があるんだけど、ニューヨークの本社は『WBC? 行く必要はないね』という反応なんだから!」

 WBCよりも、ヤンキースやメッツの最新情報の方が、大事ってわけだ。

 この温度差はいったい、なんなのか?

■日韓、そしてカリブの2国では価値が上昇。

 もともと、WBCという大会の「格」を保ってきたのは東アジアの力が大きかった。第1回、第2回と日本と韓国がしのぎを削り優勝を争ったことで、特に日本でのWBCの価値が飛躍的に高まった(現場で2次ラウンドの日本対韓国を観戦したが、数で優る韓国ファンの応援で、スタンドが凄まじい状態になっていた)。

 4年前に開催された第3回は、決勝がドミニカとプエルトリコの「カリブ海決戦」となり、両国の選手の中で、仲間と一緒に野球が出来ることの重要性が生まれた。それも影響したのだろう、今回も両国からはトップ選手が参加する。メンバーの中で目立った名前をあげてみると……。

2017/02/25 07:00
http://number.bunshun.jp/articles/-/827503

>>続きを読む

宇野昌磨が金メダル 無良崇人は4位…冬季アジア札幌大会・男子FS

2017-02-26 22:09
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/26(日) 15:44:46.81 ID:CAP_USER
宇野、SP2位から逆転金メダル!/冬季アジア大会
2/26(日) 15:40配信

冬季アジア大会(26日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナほか) 
フィギュアスケート男子は、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(19)=中京大=は
合計281・27点をマークし、逆転で金メダルを獲得した。
同4位の無良崇人(26)=洋菓子のヒロタ=は合計263・31点で4位、
同1位の金博洋(19)=中国=は280・08点で2位だった。

宇野は冒頭の4回転ループで転倒し、1週間前の四大陸選手権(韓国・江陵)で成功させた大技を決められず。
演技後半はミスが目立ち、本来の実力を発揮できず。演技後は腰に手を当て、苦笑いしたが、勝利の女神がほほえんだ。

サンケイスポーツ 2/26(日) 15:40配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000542-sanspo-spo

1位 宇野昌磨  日本  281.27
2位 金博洋  中国  280.08
3位 閻涵  中国  271.86
4位 無良崇人  日本  263.31
5位 ブレンダン・ケリー  オーストラリア  237.37
(以下省略)
http://live-sports.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/7349

Results
http://info.sapporo2017.org/IIS/INFO
http://info.sapporo2017.org/IIS/INFO?p=schedule-discipline&discipline=FS&lang=ja

>>続きを読む

新体制のJリーグ DAZNとJリーグの思惑は? DAZNのライブ中継は鮮明な画像で見やすい

2017-02-26 21:10
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/26(日) 16:38:44.12 ID:CAP_USER
■DAZNによる新体制のJリーグ

 25日新体制となったJリーグが開幕した。英国の配信会社「DAZN」がJリーグの放映権を高額で買い取った為、今まで以上にクラブに回ってくる資金が増えることが予想される。それに伴い各チーム今まで以上の戦力を整えられた感がある。

 神戸はルーカス・ポドルスキーと年俸6億円という大型契約を結んだ。他チームも海外選手を中心に戦力の補強をし、万全の状況でJリーグ開幕を迎えた。中でも注目を浴びていたのが浦和と鹿島だろう。

 両チームは昨年のチャンピオンシップのファイナルを争ったライバル同士。浦和に至ってはどのチームより先に開幕戦が行われた。相手は横浜・Fマリノス。場所は2002日韓ワールドカップの決勝の舞台であることも今後の転換期を予感させる。

■DAZNの評価

 さて、話はちょっと変わりDAZNに移る。Jリーグ開幕戦、とりわけ、この横浜と浦和の試合の注目度は高い。なぜならDAZNがJリーグの放映権を取得してから初めて配信するリーグ戦の試合だからだ。これでユーザーが「よくない」と感じたらDAZNの「お試し期間」で登録しているユーザーが離れ収入減になってしまうからだ。

 個人的な意見を言わせてもらうと、DAZNは見やすかった。ライブの中継も鮮明な画像だったし、見逃し配信のハイライトもうまくまとめられていた。ファンからは高評価を得たのではないと思う。強いて言えば全部の試合のハイライトが欲しいところだが満足いく内容だった。

■Jリーグの思惑

 声を大にして言っていたわけではないが、Jリーグの思惑は方向転換された。今までは「Jリーグ全体を盛り上げる」という漠然とした目標しかなかった感があった。しかし、DAZNとの大型契約により高額の放映料を得たため順位の良かったチームに高額の報奨金を約束したJリーグ。明らかに日本でビッグクラブを作り世界に立ち向かえるチームを出そうという考えだ。

 その先頭を走っていたのが浦和と鹿島である。両チームとも21日に行われたACLの初戦を快勝し、Jリーグの思惑通り他チームを引っ張るようなビッグクラブになりつつあった。そんな中Jリーグが開幕した。

 蓋を開けてみたら両チームとも黒星発進。Jリーグとしては出鼻をくじかれた感じで、焦りを通り越して怒りに変わっていたかもしれない。ACLで勝利したものの、他チームも「Jリーグは甘くない」と言っているような気がした。

 転換期を迎えたJリーグ。組織の型にはまらず、常に高レベルでファンを魅了してくれる試合を続けていけば結果的に日本サッカー界全体のレベルが上がる。Jリーグの狙い通りビッグクラブができ、世界トップレベルのチームができるのは結構だが、それだけが正解という訳ではない。波乱の幕開けとなった2017年のJリーグだがこれはこれで面白く、予定通りにいかないからサッカーは面白いのだ!

http://www.zaikei.co.jp/article/20170226/354772.html

>>続きを読む

DAZNがJリーグ中継で2日連続のトラブル G大阪対甲府戦がキックオフから配信されず抗議殺到

2017-02-26 20:09
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/26(日) 19:17:52.49 ID:CAP_USER
試合開始時間を迎えても配信が開始されず 公式ツイッターにお詫び文を掲載

 今季からJリーグの全試合放映権を獲得した「DAZN」だが、ガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府の一戦をキックオフから配信できない状況が続いた。

2017年「J1・J2・J3・ルヴァン杯全節対戦カード」&「Jリーグ年間日程」&「ACL・天皇杯・各代表日程」

 この日の「DAZN」はJ2の11試合、そしてJ1の1試合を放映した。この日50歳の誕生日を迎え、J最年長出場記録を更新した三浦知良(カズ)が所属する横浜FC対松本山雅FC、風間八宏新監督を迎えた名古屋グランパス対ファジアーノ岡山、田中マルクス闘莉王が加入した京都サンガF.C.対モンテディオ山形など、14時キックオフの試合はほぼ問題なく配信された。

 しかし15時キックオフの愛媛FC対ツエーゲン金沢の後半終了間際から映像が止まり出す状況が続き、試合終了までチェックできない状況が続いた。また、この日唯一のJ1開催となるG大阪対甲府戦もキックオフ予定時刻の17時になっても映像が配信されなかった。

「DAZN」はツイッターの公式アカウントで「現在、G大阪vs甲府のライブ配信がご覧いただけない状況です。大変申し訳ございません。出来るだけ早い復旧に向けて、現在作業中ですので、今しばらくお待ちください」と発信したが、視聴者からは抗議の声が殺到している。また、Jリーグ公式サイトのトップページにもお詫び文が掲載された。
昨日も同様の状況が発生も改善されず

 25日に行われたJ1開幕戦でもMF中村俊輔の移籍初戦となった15時開始のセレッソ大阪対ジュビロ磐田の終盤で配信が滞り、16時キックオフの大宮アルディージャ対川崎フロンターレも同様のトラブルとなっていた。

 この状況に同アカウントで「Jリーグの一部の試合においてライブ視聴がしづらい状況が発生致しました。 ファンの皆さまに好きなスポーツをお届けできない時間が生じてしまい、ご不便とご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。今後更なる改善に取り組んでまいります」とお詫び文を掲載したものの、1日での改善はならなかった模様だ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170226-00010016-soccermzw-socc

>>続きを読む

カズ、初の50歳Jリーガーで世界から200人以上の報道陣が集結

2017-02-26 19:05
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/26(日) 16:30:13.85 ID:CAP_USER
J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(50)が26日、J2開幕戦の松本戦(ニッパ)に先発出場し、初の50歳Jリーガーが誕生した。

 FWイバと2トップを組み、前戦で躍動し、前半16分、MF野村直樹(25)の先制ゴールを呼び込んだ。後半12分に右足で今季初シュートを放ったが、GK正面。ゴールはならず、同20分に交代した。

 超満員のスタジアムに拍手をしながらピッチを出た“知命”プレーヤーに対し、敵味方双方のサポーターはスタンディングオベーションで祝福。日本だけでなく、世界から200人以上の報道陣が集結した三ツ沢は、まさに“カズ劇場”と化した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000545-sanspo-socc

>>続きを読む

<サガン鳥栖フィッカデンティ監督が激高!> 「日本では違うルールで(サッカーを)やっているのか」

2017-02-26 18:03
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/26(日) 08:02:50.63 ID:CAP_USER
 ○柏3−1鳥栖●(25日・ベアスタ)

 「日本では違うルールで(サッカーを)やっているのか」。試合後、鳥栖のフィッカデンティ監督が激高した。鳥栖は二つのPKを取られる厳しい判定もあり、逆転負け。新戦力5人がピッチに立った“新生鳥栖”の船出は後味の悪いものとなった。

 前半38分、川崎から加入したMF原川が直接FKを決め先制。昨季はほとんど見られなかったセットプレーからの直接ゴールには進化の期待を抱かせた。しかし後半、両サイドにパスを振られ、クロスの対応で後手に回ると、相次いでPKを献上。33分にはMF武富にほぼフリーでヘディングを許し、万事休した。

 厳しい判定はあったものの、攻守の連係面での課題が露呈したのは事実。GK権田は「2点取られた後、トーンダウンした。審判のせいにするのは簡単だが、それでは成長できない」と指摘。主将のFW豊田は「ここから次第に良くなっていくと信じている。このコメントは勝っていても言っていた」と立て直しに強い決意をにじませた。

毎日新聞 2/25(土) 21:50配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000080-mai-socc

【サッカー】<J1/第1節>王者・鹿島、OGでFC東京に敗戦!柏、鳥栖に逆転勝利!神戸は清水、仙台は札幌に勝利 広島と新潟はドロー★2©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488029085/

動画

吉田豊のPK献上 
https://m.youtube.com/watch?v=qm3Y5mR-JjQ

>>続きを読む

<野球評論家の張本勲氏>錦織のブチ切れラケットへし折りに大喝!「世界で何位であろうが、ああいう態度はだめ」

2017-02-26 17:05
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/26(日) 10:10:37.75 ID:CAP_USER
野球評論家の張本勲氏(76)が26日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。男子テニスのリオ・オープン単1回戦で、世界ランキング76位のトマス・ベルッシ(29)=ブラジル=に4−6、3−6で敗れ同5位の錦織圭(27)=日清食品=に大喝を入れた。

 錦織は第1セットから動きにも打球にも鋭さがなく、本来の躍動感が見られなかった。セットを先取されると、ラケットを赤土にたたきつけて壊した。審判から警告を受け、ブーイングを浴びた。第2セットで巻き返す覇気も意地も感じられなかった。

 錦織の行為について張本氏は「大喝でしょう。世界で何位であろうが、ああいう態度はだめ。せっかくテニス界がものすごくブームがきているのに。青少年の影響に悪い。腹が立ったら、終わってからトイレに入って自分のほっぺたをたたけばいい。物にあたっちゃだめ」と一刀両断した。

 2015年の全米オープン以来の初戦敗退となった錦織は次戦、3月のBNPパリバ・オープン(米カリフォルニア州インディアンウェルズ)に出場する。

サンケイスポーツ 2/26(日) 9:14配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000524-sanspo-spo

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170226-00000524-sanspo-000-view.jpg

>>続きを読む

MF乾貴士(エイバル)>日本メディアの海外組に対する批判記事について憤慨!「言う方も責任を持って言ってほしい」

2017-02-26 15:11
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/26(日) 12:02:43.61 ID:CAP_USER
スペイン1部エイバルMF乾貴士(28)が25日、フル出場して3−0と勝利したマラガ戦後のミックスゾーンで、日本メディアの海外組に対する批判記事について憤慨した。

 乾の言葉は次の通り。

       ◇     ◇

 最近、日本のメディアの記事を読んで気になったことがあって。“欧州に行けばいいってもんじゃない、欧州にこだわる必要がない”というもので、そこから岳(テネリフェ柴崎岳)の話も出て…。

 欧州にいっても試合に出ないと意味がないという言い方で、もちろんそれは当たり前のことなんですけど、そこで苦しんで頑張ることにも絶対に意味がある。それを言い訳ととらえるのかもしれないけど、選手が厳しい環境で頑張ることにも意味があるんです。

海外に出て、違う環境で、言葉も通じない、監督の考え方も違う中でやるのは、日本サッカーのためでもあるし、選手自身のためでもあるというのは分かってもらいたい。

 それを批判しすぎだと思う。代表に呼んで、そういう(海外のクラブで出場機会が少ない)選手を出すかどうかは代表監督が決めること。

海外組はそれに関して、「出てないけど出せ」なんて言ったことはないし、代表で試合に出られなくてもそこに関して文句を言う人はいない。それを言うなら海外組じゃなくハリルホジッチ監督に言えばいい。

 岳はまだ海外に来て1、2週間。ここから少しずつ頑張っていこうとしている選手を「欧州に行けばいいってもんじゃない、柴崎がいい例」というような、欧州にこだわる必要がないみたいに言うのは、まったくリスペクトがない。海外に行かないと分からないこともあるし、そこで培ったものは絶対プラスになると思う。

 俺は代表でもないし、言いたいことは言えるので、だから今回は言いたい。(批判するのが)仕事と言われたら終わりだけど、それだけで片付けられたら俺らからしたら嫌だし、どうしても腹が立ってしまうので。言う方も責任を持って言ってほしい。海外で頑張っている奴らはいっぱいいます。海外に日本人が誰も行かないとなったら、面白くないと思う。海外に行って、そこで頑張ることに意味があるので。いうことにはもうちょっと責任を持って言ってほしい。

       ◇     ◇

 エイバルで成功をつかんだと言われている乾だが、本人にそのおごりはまったくない。日々の練習、そして試合の中でしっかりと結果を出さないといけないという厳しい欧州サッカーの環境の中でもがいているからこそ、受け入れられない短絡的な批判があること、本当に知って欲しい自分たち海外組の真実について、言葉をつむぎだした。(山本孔一通信員)

日刊スポーツ 2/26(日) 11:40配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-01784443-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170226-01784443-nksports-000-view.jpg

乾が2試合ぶりフル出場、ポスト直撃のミドル放つ…エイバルは3発完封勝利
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00556114-soccerk-socc

【サッカー】<セルジオ越後>欧州に行けば良いってもんじゃない!本田、香川らがベンチ、清武や山口がレギュラーの可能性は高い
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487904326/

>>続きを読む

Jリーグ全試合ネット中継の「DAZN」が不評 20分間画面が頻繁に止まる

2017-02-26 08:13
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/25(土) 23:50:32.01 ID:CAP_USER
10年間で約2100億円の巨額契約により、サッカーJリーグの全試合を中継、有料配信するサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が25日のJ1開幕とともに本格スタートした。インターネットを通じた従来とは異なる視聴形態には、通信環境によって視聴できない場合があり不評の声も漏れた。

試合が開催された各スタジアムでは、映像が止まってしまうといった不満が聞かれた。佐賀県鳥栖市での鳥栖−柏を訪れた同市の会社員、斉藤賢一郎さん(30)は「前半のゴールシーンを見たかったが、通信状況が悪くて駄目だった」と残念そうだった。

DAZNは公式ホームページで午後4時50分から約20分間、画面が頻繁に止まったことなどを謝罪。Jリーグの現場担当者は「ネットの環境によって見られた、見られなかったという声はある」と説明し、村井満チェアマンは「今後はWi−Fi(ワイファイ)
環境の整備を行政とも協力してやっていきたい」と約束した。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20170225/jle17022520490041-n1.html

>>続きを読む

スタン・ハンセンがアキバにやってくる

2017-02-25 22:04
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/25(土) 01:10:45.46 ID:CAP_USER
プロレス関連のオフィシャル商品のみを扱うというジュウロクホウイ(グッドスマイルカンパニーの子会社)のオンラインショップ「レジェンドマスターズストア」のオープンを記念したイベントが、25日(土)に開催予定だ。場所は東京メトロ銀座線末広町駅近くにあるアキバCOビル1F イベントスペース。開場は11:00、閉店は16:00。

 当日は、人気プロレスラー スタン・ハンセン 氏、ケンドー・カシン 氏、天龍源一郎 氏、ザ・グレート・カブキ 氏が来店、各選手のグッズ購入者(各200名)を対象としたサイン会を開催予定。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/1046/048/st1.jpg
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1046048.html

>>続きを読む

<Jリーグ>ダ・ゾーン配信“開幕”は大きな障害なし…一部サポから不満の声も

2017-02-25 21:03
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/25(土) 18:32:34.92 ID:CAP_USER
明治安田生命J1リーグが25日開幕し、各地で8試合が行われた。この日はJリーグ中継がインターネット・ストリーミング配信サービス「ダ・ゾーン(DAZN)」に代わった初日。サーバー負荷などが心配されたが、全面的な配信ストップなど大きなトラブルはなく無難なスタートとなった。

 「ダ・ゾーン」でJリーグを視聴するにはスマホやパソコンのほか、テレビで視聴するにはスマホやPCをHDMIケーブルで接続または「AmazonFireTV」「AmazonFireTVStick」などを利用する必要がある。

 映像はこれまでは電波状況に影響されるため豪雨時に映らないことがあったが、鮮明さには大きな差がなかった。ところが今回のストリーミング配信では、回線状況や機器の処理能力に左右されるため、鮮明に見られる場合もあれば「画質が落ちる」「カクカクする」といった声もTwitter上などで見られた。特に大宮―川崎戦では「止まった」「勝手に巻き戻された」など不満の声が巻いていた。

 さらにストリーミング配信の特徴として、実際よりも数十秒から数分のタイムラグが発生してしまう。そのためTwitterなどで情報発信&収集しながら視聴していると、映像が流れてくるよりも先に得点経過を知ってしまう“ネタバレ”に驚く声も多く見られた。

 電源スイッチを入れてチャンネルを合わせるだけのテレビとは異なり、ストリーミング配信の特徴を理解した上で最適な機器設定を行うには、多少のITスキルも必要と思われる。「パソコンはよくわからない」という層や高齢者には、正直ハードルが高い。さらにスマホ視聴の場合、相当なパケットを消費するため“パケ死”する場面も想定される。サポーターが慣れるまで、今後もしばらくは様々な意見が相次ぎそうだ

 Jリーグは昨年までは「スカパー!」が独占放映権を握っていたが、「ダ・ゾーン」を運営する英パフォームグループが10年2100億円という巨額契約を結んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000202-sph-socc

DAZN公式サイト
http://www.dazn.com/ja-JP

NTTドコモ公式サイト:DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)2/15開始
http://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/

「サッカーは何が起こるかわからない」そんなのはウソだ。2/25(土)・26(日)2017シーズン開幕!【明治安田生命Jリーグ】
http://www.youtube.com/watch?v=DM8S5g2vixw

DAZN「For You ~J.LEAGUEを、共に高みへ。~」
https://www.youtube.com/watch?v=zAxMbYmiJs0

>>続きを読む

ミラン本田圭佑のMLS行きはなし…ガッリアーニCEO「今季終了までは移籍しない」

2017-02-25 20:07
1 :名無しさん@恐縮です : 2017/02/25(土) 06:31:44.66 ID:CAP_USER
ミランに所属する日本代表MF本田圭佑は、今シーズン終了までは移籍することはなさそうだ。イタリア『トゥットメルカートウェブ』が報じた。

同メディアは24日、本田がMLS(メジャーリーグ・サッカー)のシアトル・サウンダーズへの移籍が決定的になったと報じていた。MLSは2月14日から5月8日まで移籍市場が開かれているため、シアトルへの移籍はまもなく合意に達すると見られていたが、クラブのアドリアーノ・ガッリアーニCEOはそういったうわさを否定している。

「こういったうわさの類を誰が流しているかはわからないが、本田は間違いなくシーズン終了までは移籍しない。中国グループや選手、監督とともに決めたんだ。練習もよくやっているし、選手もこの選択を喜んでいる」

本田は今シーズン終了後にミランとの契約が切れる。クラブはフリーでの放出を避けたいと考えているはずだが、年俸節約のため、放出はやむを得ず、本田に関しては移籍金を手にしようとは考えていないのかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000040-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/im_siggTeKvJ5.ZYi5_PZjAdlth2Q---x900-y506-q90/amd/20170225-00000040-goal-000-1-view.jpg

>>続きを読む

最新記事
アクセスランキング
月別アーカイブ
アンテナ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR